ドナルドダック「総統の顔」で見るプロパガンダ - 萌えてる非国民♪ ドナルドダック「総統の顔」で見るプロパガンダ - 萌えてる非国民♪

ドナルドダック「総統の顔」で見るプロパガンダ

公開日: : 最終更新日:2013/06/15 おすすめ記事, 政治, 権カ・利権

2013-06-14_213718

「Donald Duck – In Der Fuhrer’s Face」(邦題:総統の顔)はウォルト・ディズニー制作の短編アニメだ。1943年に公開された。年代を見れば、これが第二次大戦中のものだと分かるが、米国の謀略映画である。

ドナルド・ダックはドイツと思われる「ナチランド」という町で生活し、ヒットラー独裁政権下での生活を風刺した内容となっているのだが、要するに当時も今と変わらずで「ヒットラー=独裁者=悪」というロジックが展開されていたのだ。

「ヒットラーは独裁者じゃないの?」

と思うかもしれないが、では当時の映画では「昭和天皇」もヒットラー同等の扱いを受けていたと言ったらどう思うであろうか?

「昭和天皇は独裁者じゃないよね?」

と思うだろうか?

2013-06-14_210442

上の絵は、左から「昭和天皇」「ヒットラー」「ムッソリーニ」だ。いわゆる悪の枢軸の独裁者だと当時の人々は信じていた。

このように、当時の映画では「昭和天皇」もヒットラー同等の扱いを受けていたと言ったらどう思うであろうか?

「昭和天皇は独裁者じゃないよね?」

と思うだろうか?

2013-06-14_210643

これが「昭和天皇」だと言われて、どう思うだろうか?

劇中では、ドナルド扮する「ナチランド」の若者が朝から起こされて、「昭和天皇」「ヒットラー」「ムッソリーニ」に敬礼させられて始まる。

2013-06-14_210916

ドナルドは周囲をうかがい、ヒットラーの肖像画の後ろに隠された金庫を開ける。

2013-06-14_211028

怪しい缶を取り出す。「化学兵器か?」と誰もが疑うシーン。

2013-06-14_211210

コーヒーですた。まぎらわしい。どうやら、ナチスの監視から逃れるためにコーヒーを隠していたようだ。

このように巧妙なレトリックがちりばめられている。

2013-06-14_211329

「ベーコンエッグの香り」という香水を口に吹きかけて食べたつもり。

ナチスドイツ下の人々の生活を皮肉ったものだ。(もちろん嘘である)

2013-06-14_211550

ノコギリでないと切れないパン。

不自由な暮らしが演出されている。(もちろん嘘である)

2013-06-14_211827

砲弾工場へ連れていかれるドナルド。銃剣により圧政が演出される。

2013-06-14_212032

流れてくる砲弾を組み立てていると・・・

2013-06-14_212009

なぜか、ヒットラーの肖像画も一緒に流れてくるので、敬礼と作業を同時にやるはめになる。

明らかに意図的なシーンだ。

2013-06-14_212522

あまりにも過酷な環境に、ついに発狂してしまう・・・。

その後、あまりにも狂気なシーンが流れる。(見ている者に恐怖を植え付ける効果がある)

2013-06-14_212750

実は夢オチ。星条旗のパジャマを着たドナルドは「なんだ夢か・・・」
だが、影はナチスを想像させるものが・・・

2013-06-14_212929

大丈夫。実はアメリカの象徴「自由の女神」でした。
アメリカ国民であったことを心底喜ぶドナルドでした。

———————————–

いかがだろうか?

先の大戦中に作られたプロパガンダ映画だ。これの日本版があったら、きっともっと多くをツッコめるだろ。

「まぁ、戦争なんだから相手を陥れて当たり前」

と思うだろうか?

1943年、そんな昔からこの手のプロパガンダで敵対国を「悪」「独裁者」とレッテル貼りして、世論を誘導していたのだ。

これは、いまの現代でも起こっている。

そう、シリア問題だ。

「アサド=独裁者=悪」というレッテルが毎日のようにプロパガンダで流されて、それは米国のお手の物の手法なのである。

2013-06-14_210643

あなたは、この「昭和天皇」を見てどう思うだろうか?

「昔のことだから・・・」

それもいいだろう。

だが、今現在もまったく同じ手法でプロパガンダを喧伝する連中が存在するのだ。

騙されて悔しくないか?

つづく

関連記事

no image

アノニマスは、米英戦争屋の工作部隊か?

昨年4月に「これからはサイバー戦争がキーワードになる」と予言した。そして、今年4月以降で「サイバー戦

記事を読む

2013-01-04_115406

Google会長訪朝 日本はロシア・インド・イランに舵を取れ

若干見つけづらいニュースでこっそり流れているのが、「北朝鮮で独自ブランドのタブレットが人気」という記

記事を読む

2012-12-28_122947

最低最悪、自由シリア軍が民間機を攻撃

自由シリア軍は動乱当初から革命と称して、シリア国民を虐殺し「政府軍のせいニダ」と大騒ぎしてきた。また

記事を読む

no image

なんでこれは実名報道じゃないんだ?

 札幌市のススキノで17日夜、タクシーを蹴り、サイドミラーを折ったとして、32歳の女が逮捕された

記事を読む

no image

シリア反政府勢力が政府軍におされ悲鳴を上げている

シリアのホムス(首都ダマスカスと北部アレッポの中間都市)は自由シリア軍(FSA)の攻撃にさらされ

記事を読む

no image

オルタナティブとして東アジアが火を噴くことになる

イランの「PRESS TV」(http://www.presstv.ir/)は本日の報道で、キッ

記事を読む

2013-02-10_173526

シドニーでのアサド政権支持デモ

最近落ち目の自由シリア軍(テロリスト)だが、アサド政権側は活気に満ちている。 映像はシドニーで

記事を読む

no image

シリア反政府勢力が行う日常的なシリア人虐殺映像

自由シリア軍やヌスラ戦線などの反アサド勢力がやってきた虐殺は数多く暴露されてきた。それも、紛争の初期

記事を読む

no image

混乱と情報操作 メディアの戦場と化したシリア

混乱と情報操作 メディアの戦場と化したシリア マルク・ド・ミラモン(ジャーナリスト) アントナン・ア

記事を読む

no image

バカすぎる産経の【安倍政権考】という記事

7月26日に産経新聞が【安倍政権考】というシリーズの中で「自衛官の命」を守るためにもという記事を

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑