「米英戦争屋勢力(A陣営)」と「欧米銀行屋勢力(B陣営)」 - 萌えてる非国民♪ 「米英戦争屋勢力(A陣営)」と「欧米銀行屋勢力(B陣営)」 - 萌えてる非国民♪

「米英戦争屋勢力(A陣営)」と「欧米銀行屋勢力(B陣営)」

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 おすすめ記事, まとめ, 権カ・利権

2013-03-13_191010

世界で起こる出来事は、「米英戦争屋勢力(A陣営)」と「欧米銀行屋勢力(B陣営)」の勢力争いである。

TPPを推進しているのは欧米銀行屋勢力(B陣営)である。だから、日本の似非右翼や米国産業界などの米英戦争屋勢力(A陣営)からもTPP反対の声が上がる。特に、日本のマスコミなどTPPの問題を報道するのは日本マスコミがA陣営に支配されているからだ。

日本の左巻き連中もTPPには反対している。これは、こいつらが欧米銀行屋勢力の支配下にないからである。また、安倍政権がTPPを推進しているからだ。

安倍政権がTPPを推進するのは、安倍政権が欧米銀行屋勢力(B陣営)に近いからである。先の総選挙でも不正選挙が疑われたが、その不正選挙に原子力利権屋(B陣営)が絡んでいる。だから、安倍政権は欧米銀行屋勢力(B陣営)によって生み出されたとも言える。

当の安倍ちゃん本人はそうでもないが、政権内にはA/B両陣営が跋扈する。

オバマ大統領は欧米銀行屋勢力(B陣営)だから、米英戦争屋勢力(A陣営)の影響力が強い日本にかまっている暇はない。

もし、TPPに加盟しなければ、欧米銀行屋勢力(B陣営)が進める新しい安保体制である「TPP」に移行することに失敗することになる。

 北朝鮮はA陣営

北朝鮮はおよその予測に反して米英戦争屋勢力(A陣営)に近い。中国は欧米銀行屋勢力(B陣営)に近い。こういう事情が中国の対北朝鮮政策を翻弄している。なお、中国共産党はB陣営に近いが、中国の各軍閥はA陣営に近い。

日本のマスコミが北朝鮮の脅威を煽るのは、米英戦争屋勢力(A陣営)だからである。こういう連中は冷戦時代の汚物だが、米英戦争屋勢力(A陣営)の北朝鮮とタッグを組んで「日本は危険=軍備増強しましょう=米英戦争屋が儲かる」というロジックで協力関係にある。

こういう言動をするということは、北朝鮮とは同胞とも言える関係と言える。

 自由シリア軍はA陣営、ヌスラ戦線はB陣営

シリアでも両陣営のせめぎ合いは激しい。シリアでは米英戦争屋勢力(A陣営)の「自由シリア軍」がシリア侵略を開始。それに相乗りした欧米銀行屋勢力(B陣営)がリビタにいたアルカイダ系武装組織をシリアに侵攻させている。

故に、両者は共闘していても仲が悪い。当初から、「ヌスラ戦線」が自由シリア軍と戦うことになると公言しているのも、そういう関係にあるからだ。

 小沢はもともとA陣営

日本でB陣営の代表格とも言えるのが鳩山・小沢である。逆にA陣営は管直人以降の民主党政権に影響が強い。

民主党はこの二大勢力が混在する政党だが、これは自民党もそうである。

だが、その中でもわかりづらいのが小沢だ。

小沢はもともとA陣営である。それが、利権をもって寝返った。今はB陣営の顔として活動している。しかし、小沢は最後の最後でB陣営を裏切る予定である。

だから、先の総選挙で勝利できなかったのだ。

 911はA/B共同作戦

元大統領のブッシュは米英戦争屋勢力(A陣営)でありながら、行ってきたことは欧米銀行屋勢力(B陣営)の施策である。これは両者の思惑が一致した動きであり、あの911も共同作戦であった可能性が高い。

シリアの事例を見ても、アルカイダは欧米銀行屋勢力(B陣営)に近い。そのアルカイダと「テロとの戦い」を宣言したのが米英戦争屋勢力(A陣営)のブッシュ元大統領であった。

A陣営は「テロとの戦い」で儲け。

B陣営は「テロによる金融証書の消滅」で儲けた。

 日本でもB陣営が優勢になる日が訪れる

A陣営とは「原油利権」であり「戦争屋」である。

B陣営とは「原子力利権」であり「銀行屋」である。

しかし、利権については双方とも「原油」「原子力」に食い込んでおり厳密に区別することは出来ない。ただ、主たる利権で分ければ上記のようになる。

とはいえ、東芝と日立が原子力事業を買った(買わされた)時点で、B陣営の「原子力利権」というのは捨てられた利権になっている。もはや「原子力利権」と呼ぶのは適していないのかもしれない。

また、B陣営のオバマ大統領は原発建設には後ろ向きである。また、311の発生もこういった「反原発」の流れの中で起きた象徴的な出来事であって、311を機に世界的に反原発に傾いた事も偶然ではないだろう。(今後は従来の原発は廃止され、効率の良いとされるトリウム原発などに移行するのだろう。とはいえ、トリウム原発も所詮は危険な原発である。)

その結果、B陣営は新たな利権を求めてきたが、それが「経済支配」である。

TPPはその一環であり、またTPP自体が新たな日米安保になる要素を持っている。今はまだ日本はA陣営が強いが、いずれ日本もA陣営が駆逐され、B陣営が優勢になる日が訪れることになる。

 この関係を知らないと、国際情勢は読み解くことは不可能

このように、日本のみならず米国でいや世界でこの二大勢力が争っている。この関係を知らないと、国際情勢は読み解くことが不可能である。

日本では、特にマスコミなどが米英戦争屋勢力(A陣営)の影響力が強いので、どうしても外交に疎くなりがちである。

関連記事

2012-11-26_130824

尖閣問題に必要なのは国際世論への喧伝

 尖閣に領土問題は存在しないのだから、中国に反応してはダメだ 尖閣問題で大事なのは「島

記事を読む

2013-09-02_233002

【転載】2013/08/28 英米仏によるシリア軍事介入「合理性ない」 一般市民に多数の死者が出る可能性指摘 ~岩上安身による青山弘之氏インタビュー

※リンク先にインタビュー動画あり※ 【期間限定】 ★シリア情勢緊迫のため、特別公開中!

記事を読む

no image

「頭狂汚染ピック、核でおもてなし」 ~ 吾輩がもっとも怒っているのは、大事故が起きているのに、その対策をおざなりにして、「景気回復」だとか「東京オリンピック招致」だとか浮かれている政府とマスコミと一部の馬鹿国民にである ~

過去、何度か体感が酷いと書いてきた。そして、それを実証するかのように東電から放射能漏れが公表されてい

記事を読む

2012-12-19_154931

シリア、アレッポで自由シリア軍出ていけデモ発生!!!

シリアのアレッポでは自由シリア軍による市民虐殺が行われているが、自由シリア軍は米英・湾岸諸国から

記事を読む

no image

【速報】ロシア艦隊がシリア周辺に集結!!!

シリア沿岸にロシア海軍が続々と集結している。 大型対潜艦船 ミサイル巡洋艦 支援艦船 潜

記事を読む

no image

欧州銀行屋勢力の新たな仕掛け

前のエントリーから、「地下鉄サリン事件」を起こしたのは「欧州銀行屋勢力」だと推測した。オウム真理教は

記事を読む

2012-11-19_083003

イスラエル空爆の犠牲者多発

欧米諸国とイスラエルはガザへの激しい空爆を繰り返しているが、子供を含む家族全員が犠牲になって

記事を読む

2013-09-11_143242

9/11後場中、日経平均14523.38(+100.02)円 ~ シリア空爆危機再燃 ~

14:30くらい、実際には14500円を一時割り込んでいる。 朝から、「オリンピック景

記事を読む

2013-08-28_023341

【シリア情勢+金融解説】 8/28先夜見、中東情勢緊迫から発生する株式市場の下落ロジックと市場の動きを予測する

※8/28前場引も公開中※ 8/28の02:30くらいだ。(追

記事を読む

2013-03-01_070130

自由シリア軍(テロリスト)と戦う勇敢なシリア国女性兵士

欧米・湾岸諸国によるシリア侵略に抵抗しているシリア国民。女性も自ら戦闘に参加し、自分たちの国家・生活

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑