日経平均リーマン・ショック後高値更新 最初からなにもかも決まっている - 萌えてる非国民♪ 日経平均リーマン・ショック後高値更新 最初からなにもかも決まっている - 萌えてる非国民♪

日経平均リーマン・ショック後高値更新 最初からなにもかも決まっている

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 おすすめ記事, エリオット波動(日経平均), 外交ヨミ, 経済

2013-02-06_143101

6日午後の東京株式市場で日経平均株価は一段高。上げ幅は400円を超え1万1448円96銭まで上昇した。取引時間中に1万1400円台に乗せるのは2010年4月5日以来。リーマン・ショック後の取引時間中の最高値を更新し、2008年10月2日以来、約4年4カ月ぶりの高値を付けた。13時半過ぎから日経平均先物に一段高を狙った比較的大口の買いが入り、先物主導で上げ幅を拡大している。市場では「主力株に裁定買いも入っているようだ」(国内証券)との声があった。

日経平均、上げ幅400円超 1万1400円台に上昇、先物が主導(日経)

本日の日経平均は400円超の上昇となり、11500円近辺となっている。

日銀総裁が任期を待たずに辞任を表明したが、欧米銀行屋勢力と思われる日銀で比較的まともな欧米銀行屋寄りの施策を施してきた白河総裁が退任するのは欧米銀行屋主導のドル安に反旗を翻す政策をする安倍政権にとって追い風になるから、株価も為替が反応して株価に影響したのである。影響といっても、これまで何度もしつこく書いているとおり、円安も株高も外資勢の仕掛けである。辞任の話は仕掛けのトリガーでしかない。

安倍政権は欧米銀行屋寄りだが、日本バブルを起こして戦争に突き進ませるその経済政策は米英戦争屋寄りだ。その点でちょっとわかりづらいが、米英戦争屋にとっては利用しやすい政権だろう。

本ブログでは日経平均が18000円に近い時期から、株安・大暴落を主張し、円高・デフレを予測転換してきた。それは実現した。その後、昨年秋くらいに株高宣言を行いデフレ予測からの転換を宣言。当然だが、円安になるとも予測した。

直後から株価は急上昇して、今の株価になっている。

その後の予測で、日経平均は目先(5月くらいまでが期限)は15000円近くまで上昇する可能性を示唆しているが、これは本当の上昇ではなく、その後にまた下がる予測をした。その下落は最後の下落だが、日経平均のリーマンショック後安値を下回るかは(波動からは)下回らない可能性もあると指摘している(一応、それでも最終下落であり、安値を更新しない最終下落もあるのだ。)。

ゴールドマンサックスは、その後同様の15000円予測を出している。

安倍政権の「アベノミクス」は実効性のない政策だが、それをトリガーにして外資勢の仕掛けで円安に向かい、株価は上昇している。実効性がなくとも、理由にはなるのだ。相場とはそういうものなのである。

今のところ、予測に変更はない。これまでの予測だと、11500円くらいから一時的に10500円までの下落を書いているが、現状水準での(10000円以上での)もみ合いが続くと思われる。

何度も言うが、今の株価を上昇させているのは「アベノミクス」ではない。それはあくまでもトリガー(言い訳)である。実際に仕掛けているのは為替も株も外資勢の資金である。

実際、「アベノミクス」の正体は日本の経済を危うくする危険性の高い代物だ。それをうまくコントロールできれば一時的な株高や景気回復に向かうが、安倍政権に出来るかは未だ未知数だと書いてきた。

しかし、そんな活況も、所詮は破壊の前の創造(株高)である。

いずれ、日本は戦争へと向かう。それはもっと先の話だが、安倍政権は「戦争準備内閣」(他の連中が言うような「戦争内閣」では決してない)としての働きをするし、世の中の流れもそうなっていくように仕向けられていくだろう。

しつこくて申し訳ないが、これは規定路線なのだ。

だから、その規定路線に沿って適当な理由が安倍政権の施策と連動しているかのごとく語られるのである。

安倍政権の施策が愚策でもなんでも、その既定路線は変わらない。それが、世の中の仕組みというものだ。

最初からなにもかも決まっているのである。外資勢はその規定路線に合うように仕掛けをしているのだ。「アベノミクス」はそのトリガーとして言い訳に利用されているに過ぎないのである。

関連記事

no image

5/30大引け、日経平均13589.03円 -737.4.円の5%超え暴落

5/30大引けは13589.03円の-5%超の暴落となった。前日比-737.43円。

記事を読む

2013-08-30_220655

【シリア】米ロ協議結果発表!!!(本ブログ予測「空爆はありえない」が的中) ~ 世界中の自由シリア軍擁護派を完全処刑せよ 戦争屋にまんまと騙され誤った選択をした自由シリア軍とその支援者の責任は大きい ~

米ロ協議の結果は「先送り」であった。 9月28日以降の国連総会後に再協議となる。 だ

記事を読む

no image

調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因だ。 前にも言ったろ?

記事を読む

2013-02-15_130503

格付け会社も国際金融資本の一味

米司法省は、2008年の金融危機のきっかけとなった住宅ローン関連証券について、不当に

記事を読む

no image

日経平均1300円下落、笑えるわ

3/15、昼の段階で日経平均は売り殺到の-1300円安。朝に2号機が爆発、昼の政府見解でさらに追い討

記事を読む

no image

8月24日の日記平均は-895円安で大引18540.68円で終了

8月24日の日記平均は-895円安で大引18540.68円で終了した。逆三尊もたまに見るとよいもので

記事を読む

2013-01-13_023238

国際人権委員会が自由シリア軍は、テログループであると断言

国際人権委員会が「自由シリア軍はただのテロ組織」だと断言したと報道されている。 現状のシリア内

記事を読む

2013-03-25_235458

結果はキプロス戦争回避 日経平均も12500円回復 日本バブルへの布石

3/25の日経平均は+207円上昇し12546.46円となった。 キプロス問題が発生し

記事を読む

no image

戦争屋も黙っているわけがない

エジプトで政権を取った軍部が「民主主義」を目指すといっている。 米国銀行屋(B陣営)が仕掛け、

記事を読む

2013-06-07_133621

【14:47再追記あり】6/7後場、日経平均乱高下 誰がやるのか こんな相場

6/7の13:37分だ。 後場、日経は寄りから急落一時-350円を超えた。しかし、トヨ

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑