参院選挙 日本バブル 戦争に向かわせない唯一の方法 ~ 真の日本バブルは増税によって生まれる ~ - 萌えてる非国民♪ 参院選挙 日本バブル 戦争に向かわせない唯一の方法 ~ 真の日本バブルは増税によって生まれる ~ - 萌えてる非国民♪

参院選挙 日本バブル 戦争に向かわせない唯一の方法 ~ 真の日本バブルは増税によって生まれる ~

2013-07-22_033736

今日は参院選だ。

これまで選挙前にはいろいろ書いていたが、今回はほぼ書かずだ。投票率は史上最低になると言われていたが、今回投票したところで路線になにか影響があるわけではないという理由である。

投票にもいかない予定だ。

———————

さて、日本の景気については2009年に予測したこれまでの想定通りを考えている。

リーマンショック後、日本は不景気となり(まぁその前からも不景気だが)、早くても2013年に株価が上昇して、遅くとも2015年くらいには未曾有のバブルが来るというものだ。そのバブルは「選ばれた日本」というテーマの金融バブルで、最後には日中戦争という結末を迎える。戦争は遅くとも2025年までには起きるとした。

その過程で、株価はリーマンショック後の株価から(一度上がっても)、再度落ちて、それはリーマン安値を割るか割らないかまでは分からないとした。

2012年夏には、9月以降で「金融崩壊」により、それが実現するだろうとした。

しかし途中でシナリオを途中で一時変更した。それが、2012年秋の安倍総裁になった瞬間で「円安・株高になる」と予測した。さらに、2012年12月に「株価は15000円、ドル円112円」を予測した。

しかし、これはあくまでも一時的なものだ。これを「日本バブルの前哨戦」とした。あくまでも、「金融崩壊」前のちょっとした余興である。

2009年の予測通りなら、またリーマン安値に迫るはずだ。これは、カウンティング(エリオット波動)でもそれを予見している。

———————

では、「日本バブル」の原動力はなんであろうか?

これは、以前も書いたが「消費税増税」である。世界が「金融崩壊」で投資先を失った時に、選ばれた日本になるために必要なのが、この「消費税増税」である。

だから、最近の記事では「株価は一度落ちて、それがまた上がるのは2014年の4月以降」であろうと細かい時期の予測をした。

つまり、「真の日本バブル」に必要な要素は「消費税増税」だけである。
その「消費税増税」法案を通したのが、民主党の「野田政権」である。だから、「野田政権は歴史に名を残す内閣だと後世評価されるだろう」と書いた。

だから、そのバブルが起きない可能性は「消費税増税」がなくなるという一点において実現することになる。

———————

「株価は一度落ちて、それがまた上がるのは2014年の4月以降」であろうと予測した消費税増税による株価への影響は2段発射となる。

(1)消費税増税することで事前に発生する駆け込み需要
(2)実際に増税して得られる日本財政復活という号砲で動く外資からの投資

「アベノミクス」と世間では言われているが、「アベノミクス」で円安・株高に向かったのは、消費税増税の先取りで金をばら撒いたからである。

———————

であれば、戦争を回避するには、ひとつの事象だけあれば良い。

(1)「消費税増税」がなくなるか先送りされる

つまり、日本が不景気になってボロボロになるには上記だけがあればよい。

非常に脆い国なのだ。

———————

だが、それではボロボロになるだけだ。

だから、「TPPに参加して、別の戦争(経済戦争)をすべきだ」と2012年夏以降で書いてきた。

せっかく、合法的な戦争が出来るというのに、日本の左翼連中は「TPP反対」と連呼している。

その反対が、結果的に「戦争になる」か「ボロボロになる」かのどちらかでしかないことに気が付いていない。

———————

ただ、安倍政権も「TPP」には乗り気ではない。

なぜなら、メンドークサイからだ。

戦争というのはメンドークサイのだ。

それも、経済戦争というのはスゴク・メンドークサイのだ。

———————

だから、この先で「戦争」(消費税増)もしくは「日本ボロボロ」(消費税増先送り)になるとしても、自民党は政権を維持していないだろう。

なぜなら、「メンドークサイ」からだ。

だから、世の中は戦争に向けて「大政翼賛的政党が出来る」のである。この予測は、2009年にしたものだ。

昨今の、維新の会などの出現を「大政翼賛会」だと揶揄するブログもあるが、これは間違いだ。(正確には、大同団結でしかない)

ま、それはいい。

———————

戦争に向かわない道は、今日ここで書いたポイントをひとつずつ破壊することだからだ。

だが、吾輩はそれが吾輩にとって最良の策になるとは全く思っていない。

小沢がきっとこの先数年後に政権を取ることになり、世の中で起こる事件・事象はそれを前提としたモノになる」につづく。

関連記事

no image

米国は世界の工場になることを狙っている

「米国は世界の工場になることを狙っている」 これは2008年に予測した。 http://mahor

記事を読む

no image

「アルカイダ」やシリア反政府勢力の本質はMI6やCIA

エジプト革命の完成と中東の自立 http://tanakanews.com/120814mideas

記事を読む

no image

ブッシュの子飼い、オバマに消される

 元CIAでソ連と戦ったイスラム戦士ビンラディンは米国戦争側の工作員で、米国戦争の「対テロ戦争」とい

記事を読む

no image

このまんまじゃ遅かれ早かれ戦争だわな

私のような”エリオット波動ヨミ”や”世界経済を金融視点で見る研究家の一部”は2005年頃から「株式市

記事を読む

no image

AP通信がオバマ政権にシリア軍事介入となる証拠を要求 → 出せずに拒否

The Associated Press ran a skeptical piece Sunda

記事を読む

no image

シリアは化学兵器保有については肯定も否定もしていない

シリア・アサド大統領の先日のインタビューでは「シリアは化学兵器保有について肯定も否定もしていない」と

記事を読む

no image

悪人だと言われても儲かれば良いのである

 20100409日経平均予測 今後は落ちるだけだろう。  どこまで落ちるかだが、本来

記事を読む

no image

露、日本人被災者の労働力利用を検討

露、日本人被災者の労働力利用を検討 http://sankei.jp.msn.com/world/n

記事を読む

no image

放射能汚染された東京が首都? ハ”カな! いますぐ経済・政治拠点を関西へ!

本ブログでは311が起きてすぐに「メルトダウンしている」と言い、「関東と関西を分断」とか「経済を関西

記事を読む

no image

「勝利」とは”相手を完全に沈黙させる”こと

「レバノン爆弾テロ事件 アラブの春がまた?」の続き。 懸念していたことが起きている。レバノンの自

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑