今回のエジプト軍事クーデターは欧米銀行屋によるさらなる中東ブロックの強化 - 萌えてる非国民♪ 今回のエジプト軍事クーデターは欧米銀行屋によるさらなる中東ブロックの強化 - 萌えてる非国民♪

今回のエジプト軍事クーデターは欧米銀行屋によるさらなる中東ブロックの強化

公開日: : おすすめ記事, 外交ヨミ, 権カ・利権, 経済

エジプトのムルシー政権が軍事クーデターで打倒された件については、先日書いた。その際に、この件はシリアにはさほど影響がないことを主張したが、今回はもう少し詳しく書いてみる。

まず、エジプトの前々政権ムバラク政権は親米国家で米英戦争屋傀儡の国家である。それが、欧米銀行屋が推進してきた「アラブの春」によって、同じく親米のムルシー政権が普通選挙によって成立した。

「アラブの春」は基本的に欧米銀行屋の施策である。なぜなら、手段がそうだというのもあるが、中東アジェンダである欧州とアジアのブロックという役割が中東にあるからだ。これは、2008年の記事で書いた「日米存続に必要な要件」という記事が初見である。

2008-10-30-22-17-31

中央部分に「入口は日本。よって、中東は米国によるブロッキングが続く」とある。

この記事は、オバマ政権が誕生する二か月ほど前の記事であり、すでに夏には「オバマ大統領確定」の情報は得ていた前提の記事になっている。(余談だが、その夏にオバマ大統領確定の報が当時のバブル天井となっている)

つまり、オバマ=欧米銀行屋の施策が上図なのだ。

ちなみに、「米国の町工場化」という予測は当時は誰もしていなかった。世間でやっとこの認識が出始めたのは2012年になってからだ。

さて、話は中東に戻すが、この中東ブロッキングが「アラブの春」という名のイスラム世俗主義国家への侵略行為である。「イスラム世俗主義 → イスラム厳格国家」へ転換させて中東を経済的にブロッキングするのが目的である。そのために利用されたのが「アラブの春」だ。だから、「アラブの春」は民主革命でもなんでもないとずっと主張しているのである。

現実もそうだった。「アラブの春」とか言っちゃって、民衆革命とかSNS革命とか言っちゃってるが、結果できたのは無政府国家とイスラム厳格国家で、世俗国家が潰されただけだった。

唯一、それに抵抗しているのがシリアだ。まこと、シリアというのは世俗的・人間的な国家の牙城なのである。

さて、今回のエジプトの軍事クーデターだが、犯人は欧米銀行屋である。ムスリム同胞団が欧米銀行屋の施策を行っていたので、それをひっくり返した軍事クーデターが米英戦争屋の仕業と考えたいのは理解できるが、実際にはエジプトを使った政権転覆のテストである。要するに、ムスリム同胞団はイスラム厳格国家をつくるには役不足で優しすぎたのだ。

ということで、米国など大手メディアは当初から「軍事クーデターではない」と喧伝している。明らかに軍事クーデターであるのだが、火消しに回っているのだ。

さて、シリアへの影響についてだが、シリア攻撃をしてきたエジプトが消えたので好都合だろうか?
同じくシリアを攻撃しているトルコはいちはやく「エジプト軍事クーデター」を非難する声明を出している。反面、シリアのアサド政権は歓迎ムードだ。大手メディアでもこの流れで、エジプトの軍事クーデターがシリアのアサド政権に有利に働くだろうと書いている。

それはごもっともなのだが、今回の軍事クーデターでは表面がすげ変わっただけで、黒幕は変わらない。だから、シリアにとって根本的な影響は薄いのである。

むしろ、注意すべきはムルシー政権より過激な政権が出来ることだ。そして、同様の手法が今後行われることになるということだ。これは明らかにシリアなどの世俗派にとって悪影響である。

で、ここで中東ブロックの話に戻る。

2013-07-07_190217

地政学的には欧州とアジアを分断するには「エジプト」と「イラン」を支配下におけば良い。トルコより北はもうロシアだ。そして、「エジプト」はスエズ運河がある。この利権が目的だ。

そして、「イラン」を支配下に置けば大陸は遮断できる。だが、イランを支配するには「シリア」が邪魔なのである。だから、いま「シリア」が侵略されているのだ。

あくまでも、シリアはイランへの布石である。

そして、今回のエジプト軍事クーデターは欧米銀行屋によるさらなる中東ブロックの強化である。

なお、今回の軍事クーデターはロシアは承知した結果だろう。なぜなら、メリットはあってもデメリットはないからだ。だから、ロシアのマスコミも「シリアにとっては好都合ではないか?」という記事を述べるにとどまっている。

関連記事

2013-05-15_120749

シリア反体制派による公開処刑映像

これも昨日投稿されたシリア反体制派による公開処刑映像だ。 映像ではシリア反体制派武装テ

記事を読む

2013-05-02_174152

シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ

シリアでは追い詰められた「自由シリア軍」などのテロリスト集団がさらに無差別な住民殺戮を続けて

記事を読む

2013-09-04_161417

【転載】戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた」

イラクで従軍した退役米軍人のスピーチ。そこで話された事は現在行われている謀略であった。

記事を読む

no image

任天堂の株価はまだ高い

そういえば、2010年9月頃に 「任天堂の株価は下がる一方で1万円を割る」 とした。まだ、任天堂は優

記事を読む

no image

いわゆる、これが「大本営発表」というやつか

安田純平という戦争カメラマンがシリアの反政府軍を取材して、それがテレビで報道されたわけだが、シリア反

記事を読む

h_50815220.jpg.1000x297x1

オバマ米大統領がシリアに軍事介入しないと明言

先日の記事でも書いたが、米国オバマ政権はシリアへの軍事介入にはその立場からして消極的だ。

記事を読む

no image

シリア空爆 → 21時間以内に米国政府高官の家族や子供を誘拐 → 18時間後に手足切断

イランの精神的指導者ハメネイの戦略問題顧問アリ・レザ・フォルガニが自身のブログで以下のようにアメリカ

記事を読む

no image

東京は壊滅していいけど、関西は勘弁してください。

電車に乗っていた。なにか、長距離移動用の列車だったが、新幹線ではなかった。 途中、海岸沿いの駅で止ま

記事を読む

2013-07-28_235040

自由シリア軍がまたまた大虐殺!!! シリア国民を大虐殺する自由シリア軍を追いだせ!!

7/27、シリアの「Khan al Assal」で痛ましい事件が起きた。なんと、シリア反体制武装勢力

記事を読む

no image

自由シリア軍はテロリスト それに加担する日本

自由シリア軍(FSA)はテロリスト!!! 殺人集団!!! 外国の傭兵!!! 先日の、国連ですら

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑