6/21先夜見、ダウ大大暴落 これは米国の自作自演だ だが、だからこそ怖いのだ - 萌えてる非国民♪ 6/21先夜見、ダウ大大暴落 これは米国の自作自演だ だが、だからこそ怖いのだ - 萌えてる非国民♪

6/21先夜見、ダウ大大暴落 これは米国の自作自演だ だが、だからこそ怖いのだ

2013-06-21_050212

朝5時くらいだ。

ひとつ前の記事でも書いたが、まさに「金融危機」の様相になっている。

これを書いている時点で、ダウ平均は-370.95ドルという大大暴落。昨今、ダウのここまでの下落は久しぶりだ(2011年11月9日以来)。だが、後で書くがダウの下落自体は「自作自演」だ。本当の金融危機はアジアや日本で起きるのである。

CMEはそれにともなって12785円をマークしている。昨日の日経平均大引けは13014.25円だが、その後イブニングで戻って13200円くらいまで戻っていたので、-500円近い下落となっている。

ドル円は97円台とさほど変化を見せていない。
これも、ここしばらく書いてきた「ドル安・株安・国債安」になるという予測と「円安=株高という相関性が1年くらいかけて崩れる」予測したとおりの動きだ。

※実際に、アジアで「通貨・株・債券」のトリプル安が起きた※
(昨晩もちと書いたが日本国債安はまた別の要因で起きるだろう)

今回の円安はドル独歩高(まぁいつもそうだが)で、新興市場から資産還流が起きていると考えられている。しかし、それなら日本も円高であってもよさそうなものだが、そうなってはいない。これまで新興国に米国ドルの金融緩和マネーがじゃぶじゃぶしていたのと同じく、金利の安い円がキャリートレードで借りられて新興国に流れ込んでいた。

この話、もう1年以上前になるが、「アメリカは資金を回収する」という話で流れたことがあり、本ブログでも書いたことがある。つまり、米企業が新興国での生産や投資をやめて、「自国回帰する」というアノ話だ。本ブログでは2008年10月に「日米存続に必要な要件」(復刻版)という記事で指摘してきた件だ。

だから、大事なのは今回の金融危機が「アメリカ一人勝ち戦術」だということだ。これは忘れてはならない。

そういった事を考えると、過度なドル高は米国の望むところではなく、そのへんはコントロールしてきそうだ。つまり、一気にではなく何度かに分けて、今後こういった事が起きるのではないか?

昨晩の記事ではBRICSを提唱してきたゴールドマンが「新興国のアウトパフォーマンスは終了」と自ら終了宣言している。米国への資産還流自体は間違いがないだろう。

となると、日本の政策もおのずと同様のものにしなけらばならないはずだが、日本はこれまで金融緩和しても、それが金融機関にしか回らず、その結果「株式市場にしか金が回らない」という最悪の金融政策を行ってきた。果たして、安倍ちゃんは市中に金を回すことが出来るのだろうか?

安倍ちゃんについては過去何度も書いているが、その際に「市中に金を回せ」とか「公団建てまくって、安価に貸し出せ」と書いてきた。安倍ちゃんのように「賃金上がって景気回復」とかいうこれまで同様の政策では、結局その金はどこぞの誰かさんが着服して終わるだけだからだ。

—————————–

さて、今日の日経はどうなるだろうか?

当然、安く始まるが、6/13安値「12415.85円」を割れば再下落となる。

日柄的には調整波動(上昇波)は終わっていてもよく、金額的には13500円前後までの調整と書いたが、これもCMEとかだと結構近くまで行っていたので織り込んでいた可能性もある(たまにだけどこういう調整の仕方がある)。

であれば、一番可能性が高いのは12415円を確認しにいくという動きだ。

朝寄りはどう考えても全面安寄りで12800円くらいから始まるだろう。そこから-400円下げないといけないので、あまり早い時間帯から行くと後で落とすのが大変になる。となると、いったん朝下げた後の買戻しを頭から抑えつける方法を取ってくると思うんだがどうだろうか。(週末金曜日で雨というのも株価には不利だ)

ま、やり方はいくつかあるだろう。
だが、結論はひとつだけだ。

【以下追記】

2013-06-21_055342

結局、ダウはこんな感じで終了。CMEは12805。

2013-06-21_055520

関連記事

2012-11-28_052226

自由シリア軍のマルジ・アル・スルタン基地解放成功は狂言だった

「シリア政府軍、マルジ・アル・スルタン基地を奪還!!!」という記事で指摘したが、自由シリア軍が「ダマ

記事を読む

no image

1ドル=1円時代

昨晩のダウンは-243ドル下落であった。比率で1.8%だ。 世の中の平均株価はおよそこの%で連動して

記事を読む

2012-12-11_193530

最後に来るのは天皇親政政治体制

また、メモ的なんだが、この話を記憶の隅においといてもらいたい。 今じゃ名目上「立憲君主制」というの

記事を読む

2013-05-02_174152

シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ

シリアでは追い詰められた「自由シリア軍」などのテロリスト集団がさらに無差別な住民殺戮を続けて

記事を読む

no image

北朝鮮製 国産第一号の携帯電話機が登場

本ブログでは、2005年には「北朝鮮が経済発展する」として、欧州勢からの投資が北朝鮮に向いていること

記事を読む

no image

行方不明の習副主席、来週復帰

がん手術だったとのこと。どうでもいいや。

記事を読む

no image

上杉隆がヒズボッラを取材

似非ジャーナリスト連中ではなかなかできない事を上杉隆はやってきたと思う。まぁ、細かいことおいといて。

記事を読む

2013-02-08_122306

オバマが司法省文書の公表を断固拒否

米国世論を揺るがす文書が5日、NBCニュースにリークされた。これは米司法省が上下院の

記事を読む

no image

業務連絡:日経平均の一旦上値めどは12000円に修正

12000円は早い段階で来ると思う(一旦10500円から上方修正)。たぶん、年末・年始のご祝儀相場と

記事を読む

2013-03-22_045920

韓国サイバー攻撃まとめ 犯人は米国説浮上

韓国で銀行や放送局を狙ったサイバー攻撃が起きてから8本の記事を書いた。その記事の中で一貫して

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑