今こそ国内回帰を - 萌えてる非国民♪ 今こそ国内回帰を - 萌えてる非国民♪

今こそ国内回帰を

公開日: : 経済

mienai-width493.png

2000年以降、タイやベトナムそして中国へと日本企業の海外進出は加速してきた。そして、今起きている中国リスクにより中国以外に生産地を求め始めている。

しかし、参考にすべき国がある。
それは米国だ。

本ブログでも重ね重ね主張してきた「米国は世界の工場を目指す」だが、米国は自国の工場化を模索しており、昨年以降から生産ラインの自国回帰を推し進めてきた

米国の格差拡大や賃金下落はその為の準備であった。
その下地は日本でも起きている。

中国でモノを売るなら中国で生産するのが得策ではある。しかし、かねてより言われてきた「チャイナ・リスク」は大局的に見れば中国での生産は損であることを目の当たりにして見せた。米国が原発事故の被害まで想定して「原発はコスト高」だとして火力発電重視にしてきたように、中国での生産にもコストが割高になる可能性が高いことを見極めていた。

これは平たく言えば「外需産業の国内回帰」である。
輸出で済ませられるものは輸出に特化するわけである。

スーパーや服飾などの店舗を持つ内需型産業は中国への進出は仕方のないことである。東アジアを「内需と考える」と本ブログで書いてきたとおりに海外展開をしていくことは避けられない運命だ。

——————————————-

さて、こういう状況で日本の経営層はきっとこう考えるであろう。
「中国ではなくタイやインドそしてカンボジアやベトナムで良いではないか」

だが、これはいつものように出遅れの可能性が高い。
現状、欧州勢はアジアでの資産圧縮を昨年末から行っている可能性がある。

では、内需産業が東アジアでがんばっていくにはどのようにすればいいのか?
それは「ステルス産業」の思考を経営者が持つことから始まる。

関連記事

2013-01-01_075438

アベノミクスと騒ぐのはバカである

アベノミクスと囃し立てる連中は「日本経済の問題はデフレ」と言い、その原因を円高だというが、ま

記事を読む

no image

円安マンセー? 馬鹿も休み休み言え

日本では「円安歓迎」という誤った見解が多すぎる。 例えば、ここ。 円安になった場合、輸出

記事を読む

2013-08-01_194615

8/1大引、日経平均14005.77(+337.45)円

今日は寄りからジワジワと下値を切り上げる日中足で、動きとしては強い相場の動きであった。

記事を読む

2012-12-18_195038

安倍政権で普通に起こる生活への影響

取り戻すとは「昔に戻る」ということである。  安倍政権で普通に起こる生活への影響 普通に考えて

記事を読む

2013-05-30_101235

5/30、日経平均14000円付近で推移

30日、10時過ぎ頃に書いている。アップは10時30分くらいだ。 昨晩のダウは100ド

記事を読む

no image

任天堂二期連続大赤字

任天堂の話題も何度も書いているが、2010年夏ごろに「任天堂の株価は1万円以下が妥当だ」と断言した。

記事を読む

2012-11-19_172632

ゴールドマンサックスが同じ15000円予測を出してきた

。 現在の上昇は金額にして、最大で15000円程度。ドル円では110円から112円程度まで想定

記事を読む

2012-12-24_022649

破綻主義者の言説に惑わされてはいけない

リーマンショック前から本ブログでは極度の円高・デフレになると予測してきた。そして、現実そうなった

記事を読む

no image

ステマのなにが悪いというのか?

ステマ=ステルスマーケティングについて非難の記事(?)が出ている。 http://www.sb

記事を読む

no image

関東なんか今すぐ捨てて、関西まで逃げるべし

2011年03月11日午後3:46に超巨大地震が発生して福島第一、第二原発が爆発してすぐ「メルトダウ

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑