創活ノート 第20話「阿蘇山のお土産」 - 萌えてる非国民♪ 創活ノート 第20話「阿蘇山のお土産」 - 萌えてる非国民♪

創活ノート 第20話「阿蘇山のお土産」

公開日: : 最終更新日:2013/03/06 経済

 あいかわらずだけど、創活ノート の作者は絵がヘタでおつむが怪しい。

 第20話「阿蘇山のお土産」

 内容は・・・

 (1)阿蘇山でおみやげ用に硫黄を売っていた。
 (2)硫黄は飛行機の機内に持ち込めないと張り紙をしてあった。
 (3)だけど、外人に熱心に売っていた。
 (4)周囲の客のほとんどはアジア圏の外国人旅行者だった

 (5)作者は「大丈夫なのか? この商売」と心配している。
 (6)昔は外国人観光客も少なく問題なかっただろうが、時代と共に客層も変わっているのだから、商売も変化すべきだと作者は最後にまとめている。

 この創活ノートの作者は商売をわかっていない。

 商売というのは騙して売るのが基本である。

 ・二束三文の硫黄を「記念品」として騙して売る。
 ・一応、機内に持ち込めないことは張り紙で告知するが外人にも熱心に売る。

 どうせ外人に日本語読めやしない。日本で商売するなら注意書きの告知はしなければならないが、相手が外人だなんて知ったこっちゃない。どうせ、戻って文句なんて言ってこない。言ってきたら返金すればいいだけの話だ。

  こんなことはしばしばおきている。

 某電機メーカーのように、3D技術をさも最新技術のように喧伝して売る。(30年以上前の技術だ)
 IBM のように「クラウド」をさも新しいものかのように喧伝して売る。(こんな概念は音響カプラの時代からやってきた)

 … etc

 任天堂の「枯れた技術の水平思考」なんてのも、これとまったく同じ子供だましである。

 ————————————————————

 硫黄を商売しているほうも分かってやっている。別に、時代と共に商売を変化する必要はない。騙すのが目的なんだから。

関連記事

no image

枯れた技術の水平思考

経済は最新ではない。 「枯れた技術の水平思考」とは任天堂の言葉だが、かつてから使われている技術

記事を読む

no image

6/6寄り、日経平均13075円(+60) 13500円で再度売り仕掛けでもいいのではないか?

現在、9:47だ。 昨晩のダウは結局チャートも悪かったので引けまでダダ下げ。 日

記事を読む

2012-12-24_022649

破綻主義者の言説に惑わされてはいけない

リーマンショック前から本ブログでは極度の円高・デフレになると予測してきた。そして、現実そうなった

記事を読む

no image

美女はレンタルで十分

JPモルガン社長が「お金持ちと結婚したい美女」に語った言葉が秀逸すぎる! 「美女はレンタルで十分

記事を読む

no image

【外交ヨミ】消費税増税決定に思う

22時からのニュースを見ているんだが、米連邦政府機関の閉鎖騒ぎはさっぱりニュースになっていない。もは

記事を読む

2013-06-03_173654

6/3イブニング急落!! さよなら日経

13100円まで急落。

記事を読む

no image

民主主義の諸悪の元凶

日本は「社会主義国家」であるが、名目上は「民主主義国家」である。 官僚がいて、”国民によって選

記事を読む

2013-03-22_045920

韓国サイバー攻撃まとめ 犯人は米国説浮上

韓国で銀行や放送局を狙ったサイバー攻撃が起きてから8本の記事を書いた。その記事の中で一貫して

記事を読む

2013-05-23_134507

5/23日経平均後場、値幅-1000円の大暴落発生 明日も売りが膨らむ展開

5/23後場が始まった。直後から売りが激しくなっており、前場10時の高値15942.60円か

記事を読む

no image

会社論 ~ 生き残るために必要な事前知識 ~

これは、中学生・高校生、もしくは大学生などの「就職」を控えた諸君の為に記述するものである。ちなみに、

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑