NATO子飼いの「自由シリア軍」による市民大虐殺映像 - 萌えてる非国民♪ NATO子飼いの「自由シリア軍」による市民大虐殺映像 - 萌えてる非国民♪

NATO子飼いの「自由シリア軍」による市民大虐殺映像

公開日: : 最終更新日:2013/09/28 権カ・利権

Civilians Massacred in Daraya A Town Overrun By NATO’s FSA

NATO子飼いの「自由シリア軍(FSA)」による市民大虐サツ映像。
自分らを支持しない市民は躊躇なく殺すという政府軍も驚きの映像。

————————————————————-

 

当初から、自由シリア軍(FSA)による情報戦の様相を見せていた今回のシリア問題では、誰が何しても「政府軍のせいニダ」という状況だった。日本などの西側諸国では、さも当然のように「シリア政府悪玉論」が毎日報道され、自由シリア軍(FSA)を自由の戦士のように扱ってきた。

だが、こんなことはこれまでも繰り返されてきたことだ。
「勝てば官軍」で、勝ってしまえばすべての罪は負けた方の仕業にされ、後からどんな事実が出てこようとも話題にすらならない。
いや、今回のように結果がでない前から、すべての罪は片方の側に押し付けられているのだ。

————————————————————-

今回、シリア政府は頑張っている。
フセインやカダフィより、かなり頑張っている。

だが、勝てる見込みは小さい。
フセインやカダフィと同じ運命をたどるかもしれない。

こういう状況で、片方側からしかものを見ない「似非ジャーナリズム」には反吐が出る。
「どうせ反米なんでしょ?」などとしたり顔でいう連中にも反吐が出る。

関連記事

2013-05-14_114547

シリア問題で炙り出された「アラブの春」神話

2010~2012年にかけて猛威をふるった「アラブの春」では大規模な反政府集会(民主化要求)

記事を読む

no image

ネトウヨを使い報道妨害をする安倍

熊本で発生した地震を取材するマスコミを「マスゴミ」と呼んで非難を続けている集団がいる。 ネトウ

記事を読む

2013-06-14_023733

米国こそが世界最先端のハッキング技術を持つ、ハッキング大国であり、犯罪者集団

「ちっ! この優男ぐぁ!!」とまほろばさんが叫んだとか叫ばなかったとか・・・。 元NSAの

記事を読む

no image

A陣営の隠し玉

 ご存知のとおり、今や首相が変わって、小沢と鳩山は沈黙を守っている。同じ民主党だが、管はA陣営だ。

記事を読む

no image

シリア国内の大統領支持デモ

シリア国内ではアサド大統領支持デモが無数に行われている。デモでは西側諸国の圧力とそれにより国内でテロ

記事を読む

no image

自由シリア軍が起こした町工場での爆弾テロの最新情報

シリア国民から発信される映像には自由シリア軍(FSA)批判のものが結構ある。どれも「自由シリア軍(F

記事を読む

no image

関東を襲った竜巻は米軍の気象兵器

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5023891.h

記事を読む

no image

【シリア】テロリストの自由シリア軍と敵対するISILの部隊長が殺害された

9/22、シリアのイドリブで「イラクレバントイスラム国家」(the Islamic State of

記事を読む

2012-12-22_085258

シリア反政府勢力はイスラム原理主義国家建国が目的

こちらでも書いたように、シリアの反政府勢力はシリアにイスラム原理主義国家を作ろうとしている(これ

記事を読む

no image

田中宇(たなかさかい)の新記事「シリア空爆騒動とイスラエル」が公開された ~ 今回はやや懐疑的に見たい ~

田中宇(たなかさかい)の新記事「シリア空爆騒動とイスラエル」が公開された。 前半は中東

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑