とりあえずちゃっちゃと逃げるべし - 萌えてる非国民♪ とりあえずちゃっちゃと逃げるべし - 萌えてる非国民♪

とりあえずちゃっちゃと逃げるべし

公開日: : 最終更新日:2013/03/06 権カ・利権

リーマンショックの少し前に、このままでは日本は飢餓になると警告した。そして、それは日本最大の売國女又である与謝野が仕掛けたものとした。親玉は欧州系であり、米国銀行屋である。世界を混乱に導くための最初のキー、それが「リーマンショック」の役割であった。それを阻止せず助長するような政策を採った与謝野の責任は重い。
後年、欧州系は中東動乱を煽った。今起きている中東動乱も米国銀行屋の仕掛けである。
それは中国にも飛び火しているが、米国銀行屋と中国は故意の仲である。しかし、米国銀行屋の最終目的は中国共サン党の騒乱でもある。
米国銀行屋にとって、日本も騒乱の対象であれば、今回の原発事故はその騒乱を導くものとして考えられるであろうか?
いや、それはない。米国銀行屋は原子力利権である。自らの首を絞めるようなことはしない。他の騒乱手法を使うのが当然である。
原子力利権を攻撃する為、米国戦争(石油利権)がおのれの手ごまである日本で核テロを起こしたと考える方がスマートであろう。小沢を追い出して、官や前原や千石などという米国戦争の飼い犬である連中に政権を取られた時点で、日本は米国戦争の手中に落ちた。それが、今回の核テロの最初の出発点と言える。
で、まぁメルトダウン必須なんだから、最初から「非常事態宣言」出しておけばいいものを、そんなこともせずに国民を安心させて皆殺しにしようとする官・前原・千石連中に騙されて死ぬ前に逃げるべきだわな。

関連記事

2012-12-24_214854

【重要】 欧米メディアや自由シリア軍は不都合なシーンにモザイクを入れる

Y田クンと比べれば、岩公某なんかカワイイもんである。さらにいえば、TAKESHI SAKURAなんか

記事を読む

2013-08-31_174725

米国の諜報機関は2011年だけで、ロシア、イラン、中国、北朝鮮に対して231回のサイバー攻撃を実施

シリア爆撃の影に隠れて平穏な日々を過ごすスノーデンは、負けてたまるかと情報を発信中である。 本

記事を読む

no image

自由シリア軍がアサド支持の町を包囲、そして虐殺。ネットでアサドの仕業だと捏造報道を繰り返す。

週末もシリアでは、自由シリア軍(FSA)の犯罪行為が多発して、市民30名が死亡している。 テロ

記事を読む

no image

自由シリア軍が化学兵器で国民を殺し米国を介入させる

日本のマスメディアはシリア問題を「アサドの独裁に抵抗する民衆」と報道する。これは最初から一貫してそう

記事を読む

2013-05-31_121313

【続 報】 シリア反体制派がサリンを所有していることが暴露されている

5/30に記事にしたシリア反体制派がサリンを所持していた件は日本では全く報道されてい

記事を読む

no image

会社論 ~ 生き残るために必要な事前知識 ~

これは、中学生・高校生、もしくは大学生などの「就職」を控えた諸君の為に記述するものである。ちなみに、

記事を読む

2012-11-18_163956

自由シリア軍、バスを攻撃して民間人を虐殺

続く、自由シリア軍(FSA)の虐サツ行為。 11/14 シリア最新ニュース

記事を読む

no image

戦後保守、親米保守、似非右翼、ネトウヨ = 売国奴・非国民 である

米国の手法は (1)自らの悪事を「正義」だと喧伝する (2)敵を「悪」だと喧伝し、不都合な事

記事を読む

2012-12-24_070120

12/23 シリア最新ニュース

士気が高く中東最強のシリア政府軍。 統率されている。 国民のアサド支持大集会。 自

記事を読む

no image

自由シリア軍はどうやってダラヤで市民大虐殺をやったのか

自由シリア軍(FSA)がやっているのは汚い嘘だらけのテロでしかない。

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑