西側政府高官は自由シリア軍じゃアサドは倒せないと考えている - 萌えてる非国民♪ 西側政府高官は自由シリア軍じゃアサドは倒せないと考えている - 萌えてる非国民♪

西側政府高官は自由シリア軍じゃアサドは倒せないと考えている

公開日: : 権カ・利権

日経新聞ではたまにシリア情勢が報道される。そこに興味深い記事があった。

■余力残す大統領側
西側の政府高官は、とりわけダマスカスでは、反体制派の強さを過大評価してはならないとくぎを刺す。

「反体制派は周辺を攻め、じわじわ前進している。自分たちが戦うと決めた場所では勝てるようになったわけだ。しかし、これでシリア内戦が転換点を迎えるとは誰も思っていない」。英政府のある高官はフィナンシャル・タイムズにこう語った。「反体制派の戦闘能力は高まっているが、空からの脅威などの大規模な攻撃に対応できるほどではない」
(中略)
これを倒すのは困難だという。「彼らはまだ地上発射の大砲の20%しか使っていない」と西側のある高官は語る。

FT誌

■反体制派に内部対立の恐れも
一方で、反体制派にはいまだ統一された指導部と命令系統がないことが懸念されている。このため、武器が増えると反体制派内の対立が激化する恐れがある。
(中略)
退役将校でベイルート・アメリカン大学の軍事専門家であるハンナ氏によれば、反体制派の相次ぐ成功は、彼らがまだアサド政権に打撃を与えられる証しであっても、情勢を一変させる出来事ではないという。

FT誌

関連記事

2013-09-15_174754

【シリア】国連 シリア反政府軍による化学兵器使用を主張 【復習】(13年5月)

翻訳者有志に感謝。 元報道は米BBCテレビ。 これまで何度も紹介している

記事を読む

2013-09-04_103036

「シリアの化学兵器が実際には何であるかが発覚!」という動画がYoutubeに流れている ~ 最近、反欧米的なシリアにも都合の悪い情報が喧伝されている ~

ここ一両日で「シリアの化学兵器が実際には何であるかが発覚!」という動画がYoutubeに流れ

記事を読む

no image

イラン特殊部隊「CODS」がイラクのバクダッドでシリア空爆の報復を行う予定

イスラム革命防衛隊(イラン軍)の特殊部隊「CODS」が、米国によってシリアが攻撃された場合に、イラク

記事を読む

no image

原発推進派のバカさ加減

原発推進組はバカなので、原発がなくなると経済効果が激減するとか電力不足になると大騒ぎだ。 東北大震

記事を読む

no image

シリア反体制派を憎悪するシリア国民

シリア問題については、当初から「自由シリア軍は独裁に立ち向かう正義の軍隊」と嘘を喧伝するなどの論調が

記事を読む

2013-10-01_101300

【シリア】シリア反体制派が中国大使館を襲撃 職員や建物に被害 大使館業務停止

9/30にシリアの中国大使館(ダマスカス)がシリア反体制派による攻撃を受けた。日本でも報道さ

記事を読む

2013-01-20_105609

戦争犯罪!! 市民に略奪と暴行・殺人・処刑を繰り返す自由シリア軍のイスラム武装組織

これが、「ヌスラ戦線」など自由シリア軍の実態。4分くらいから住民虐待がひどい。 以下も彼ら

記事を読む

2013-07-27_234422

アサドに爆撃された人々が笑顔でピース♪

これまで、自由シリア軍によって「アサドによる虐殺」とする写真が大量に流布されている。しかし、

記事を読む

no image

【シリア】シリアはテロ支援国家から解除されるか?

アメリカは長い事、以下の国を「テロ支援国家」としてきた。 リビア 北朝鮮 イラン シリア

記事を読む

240px-Uji-bashi_03

神道について ~ 日本国民として最低限知っておくべきこと(昭和天皇は「神道は宗教ではない」と言った) ~

(この写真を見て思うのは、なんで二人ともこんなオスマシ顔なんだという疑問である) 道の

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑