まほろばさん、アカへの道 第一章 - 萌えてる非国民♪ まほろばさん、アカへの道 第一章 - 萌えてる非国民♪

まほろばさん、アカへの道 第一章

公開日: : 最終更新日:2013/09/27 政治, 日記, 権カ・利権

Red_flag_waving.svg

こう言う事を書くと、また左巻きのオトモラチがガクンと減るのである。とってもサビシー。

ジョークも交えながら、「戦時下で、原爆投下もやむをえないことだと思っています」と語った昭和天皇。

これを見て「昭和天皇は間違っている」と騒ぐ輩もいるのだが、「戦時下なのでやむをえない」というお言葉の中には日本軍が戦時下に行ったこともやむをえないという裏返しが隠れている。これは、昭和天皇が戦後一貫してその立場であったことから、かなり思慮深いお言葉であると考えねばならない。

※なお余談だが、「昭和天皇」と書くと、「陛下を付けろ」と文句言う馬鹿右翼がたまにいるのだが、基本は現在その地位にある場合に付けるのが通例で、宮内庁の表記もその方式に統一されている。本ブログでも「今上陛下」「昭和天皇」と厳密に分けて書いている。なお、現在の天皇陛下は「今上陛下」と呼ぶのがもっとも正しい呼び方だが「天皇陛下」と読んでも間違いではない。

ちなみに、本来書きたかったネタはここまでである。あまりにも短いんで、どーしよーと思って付けたのが、このタイトルである。

 軍国少年だった まほさん

吾輩が、昭和天皇を尊敬するのは、その頭脳と思慮深さにである。
吾輩、ガキの頃から戦争マニアで軍事マニアで、今よりカワイクないクソガキであったわけだが(今はかなりカワイイ)、今風の若者言葉で言うと「軍国少年」だった。だが、その当時から昭和天皇の思慮深い発言には同調するところがあり、いつしか昭和天皇による天皇親政を考えるようになっていく。

 生涯反共を誓った まほさん

昭和天皇についても、当時は「今上陛下をお守りするため」と、言論闘争の準備に余念がなく、関連書籍をおおいに偏って読破していた。

また、反共をテーマにした書籍のみを選別して買いこみ、読破し、「レッドパージ」を毎日行う日々をおくっていた。それが小学校~大学までの吾輩である。貴重な時間をもうちょっとなんとかならんかったのかと思うことしきりである

 敵対勢力を潰す方法

そして、総括として「反対勢力を駆逐するにはどーすればよいのか?」を真剣に考えるようになった。ネット上に巣食うアカどもを駆逐できれば、それはもぉ誰も余計なことを言わないスムーズな国家になりえると思ったからだ。なんかこれ、似非右翼が言う「左翼は文句やネガばかり言ってる」ってセリフに似ているな、フォフォフォフォ。

時は1991年から少し過ぎた年の事であった。

この1991年は、ゴルバチョフのもとでソビエト連邦が崩壊した年でもある。いわゆる、8月クーデターのあった年だ。

改革を進めるゴルバチョフ・ソビエト連邦大統領は、抵抗する保守派(副大統領派)によってクーデターを起こされ、別荘に軟禁されてしまう。保守派はゴルバチョフ・ソビエト連邦大統領の職権を手に入れ全権を掌握。モスクワは軍部によって統制下に置かれた。

その直前の7月に、ロシア共和国大統領に選挙で当選していた改革強硬派のエリツィン・ロシア共和国大統領は即座に民衆とともに蜂起。世界中にエリツィンの演説が放映された。

クーデターを起こした保守派は民衆にも軍にも支持されず、結局クーデターは失敗。

保守派の多くはゴルバチョフ側近だったこともあり、解放されたゴルビーもソビエト連邦大統領を辞任することになる。これがソビエト連邦の崩壊であった。

その後、ソビエト連邦はロシア共和国としてエリツィンが引き継ぐことになった。今のロシアの誕生である。

前述のように、その頃に「反対勢力を駆逐するにはどーすればよいのか?」を真剣に考えていた「まほろば青年」はひとつの結論に至った。

 敵対勢力を潰すには敵方で出世すればいいのだ

ゴルビーのやり方を見て、ゴルビーはソビエト連邦を潰すための刺客ではないかとチラホラ考えていたのだが、ソビエト連邦崩壊を見て、「これだ!!」(発言まま)と叫んだ。

ソ連共産党は結果的に改革派のゴルビーを発端にして、同じく改革派のエリツィンの行動で崩壊した。崩壊は内部から起きても崩壊だ。もし、仮にこの両者が資本主義者の送り込んだ刺客であったのなら、これは資本主義の作戦の結果の勝利であるということだ。

そこから一気に、まほろば青年は社会主義や共産主義について学んでいくことになる。

いずれ、共産党を潰すために共産主義者になるためだ。

つづく(つづかんでええ)

関連記事

no image

シリア・ダマスカスで自由シリア軍に虐殺された市民の証言

日本語字幕つき 2:10 ダマスカスの虐サツは自由シリア軍(FSA)の仕業だと証言する市民 3:

記事を読む

2013-01-05_021235

シリア政府軍による「テロリスト掃討作戦」

シリア政府軍による「テロリスト掃討作戦」が続いている。その状況がニュースで流れている。 イドリブや

記事を読む

2013-02-09_115829

テロ輸出国アメリカ

「オバマが司法省文書の公表を断固拒否」で書いた話。オバマ政権はアメリカが行ってきた外国でのテ

記事を読む

no image

シリア政府軍がテロリストを大量拘束

日夜、テロとの戦いに邁進するシリア政府軍がテロリストを大量拘束した。この手のニュースは毎日流れてい

記事を読む

2012-12-24_063639

『週刊新潮』はダメだねぇ

  『週刊新潮』はダメ雑誌だ。 12/27号であの日本語ヘタで日本宗教・文化のなん

記事を読む

no image

シリア、反政府勢力が最初に停戦合意を破り爆弾テロ3件

こちらの記事に書いたとおり、シリアでは反政府側が停戦を最初に破り攻撃を仕掛けてきた。シリア政府もこの

記事を読む

2013-02-03_014403

世界の権カ構造(2013/02/03最新版)

約2年ぶりの更新となる。ミスなどもあり訂正や追記、加筆などしてある。また、今回はリビアとシリ

記事を読む

2013-03-18_142215

日経平均-250円下落

日経平均がキプロスの件も含めて(主な理由ではないと思う)下落している。為替要因ではあるだろう

記事を読む

2012-11-26_134315

シリア政府はスパイを逮捕・即決処刑すべきだ

最近またYoutubeの動きがおかしい。というのも、シリア政府を支持する国民の動画などは更新されてい

記事を読む

no image

反日デモの仕掛け人は石原東京都知事である

このデモ、もとをたどれば石原都知事の尖閣購入計画から始まっているのである。 中国は石原が何もしなく

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑