神道について ~ 日本国民として最低限知っておくべきこと(昭和天皇は「神道は宗教ではない」と言った) ~ - 萌えてる非国民♪ 神道について ~ 日本国民として最低限知っておくべきこと(昭和天皇は「神道は宗教ではない」と言った) ~ - 萌えてる非国民♪

神道について ~ 日本国民として最低限知っておくべきこと(昭和天皇は「神道は宗教ではない」と言った) ~

公開日: : 最終更新日:2013/09/26 政治, 権カ・利権

2013-08-21_033243

(この写真を見て思うのは、なんで二人ともこんなオスマシ顔なんだという疑問である)

道のあるところに歴史があり
歴史のなかに文化がある
文化は峠を越え山を越え
表裏一体の変貌を遂げる
それを伝播と呼ぶ

文化のあるところに境があり
境のなかに信仰がある
信仰は人を守り故郷を守り
三位一体の変貌を遂げる
それを崇拝と人は呼ぶ

mahoroba23

日本人の中でも「神道」と「仏教」の違いが分かっていない者がいる。神社で「日本の仏教は・・・」と語るような輩に何度も遭遇している。

最近でも、似非右翼(ネトウヨ)の投稿なんか読んでいると「国家神道としての仏教は・・・」などと意味不明な解説があったりする。

「神道」は古代日本の自然観をもとに自然崇拝(信仰)を形式化したものだ。

「仏教」は外来宗教である。

この違いは大きい。

300px-Naiku_01

(伊勢神宮、まほろばさんは普通入ってはいけないところに入ったことがある)

神道、ここでは神社本庁という宗教法人が統括する「神社神道」のことを示す。なぜなら、まほろばさんが学んだ神道が「神社神道」であり、学んだ祭式も「神社神道」が公式とするものだからであり、それが一般的に言う神道だからである。

上記のように記すのは、神道が複数存在するからである。

(1)宮中祭祀
(2)神社神道
(3)民間神道
(4)古神道
(5)教祖神道

などがある。

現在、一般的な神道といえば(2)であり、皇室が執り行う宮中祭祀に対して、神主や氏子などが執り行う行事を体系・形式化したものだ。

これは、基本的に戦前からそうであるのだが、明治から第二次世界大戦終結の間までは「神社神道=国家神道」と呼ばれてきた

大きく分ければ、祭式儀礼を主体にするのか、一般的な宗教と同じく教義(教学)を主体にするのかで、その活動内容は大きく異なってくる。(1)と(2)は祭式儀礼を主体にしたものだ。

だが、どの神道にも根本的には風土や民間信仰における自然崇拝(神概念)が基本にある。

 神社神道は宗教か? 昭和天皇は「神道は宗教ではない」と言った

20100711064016

(これが怪しく見えるか、厳粛に見えるか、暴力団に見えるかで宗教観が別れるw)

神道には大きく分けて「祭式儀礼中心」なのか「教義(教学)」中心なのかで別れる。

(1)宮中祭祀
(2)神社神道
(3)民間神道
(4)古神道
(5)教祖神道

(1)と(2)は「祭式儀礼中心」
(5)は「教義(教学)」中心
(3)や(4)は民間信仰色が強く、(3)は民間だけあって仏教の影響を受けており、(4)は仏教の影響を江戸時代に排除した純粋神道を模索した学問の結果である。

では、ここでのテーマ「宗教か?」という点で考えれば、(3)(4)(5)はその色が強い。

しかし、(1)(2)は祭式儀礼であり「宗教か?」と言われると、「それそのものは宗教ではない」と答えざるをえない。

神社本庁が講義する授業でも同様の解説がなされている。

また、明治から第二次世界大戦終結の間まで「神社神道=国家神道」と呼ばれていた時期は、政府により「神社神道は宗教ではない」とされていた。この考え方は、これまでの解説からも妥当な判断だと思われる。

神社神道は「宗教ではない」と考えるべきだろう。

故に、戦後に昭和天皇とマッカーサーが会談した時に「私は神道を宗教とは考えていない。それは儀式に過ぎず。」と発言したとしても、それは正確な認識であり、なんら非難されるものではない。

ちなみに、まほろばさんの実家は神社である。

 日本の歴史上、だいたいの時期で神道と仏教はガッチャンコしてた

2013-08-20_090909

(こういう奴にかぎって「日本は無宗教でイヤだ」とか抜かしてイスラムに入信する)

さて、岩公はシリアのド田舎で「日本は無宗教でイヤだ」と無知を披露してくれたが、日本史を学んでいればそんな戯言は言わないだろうし、日本をよくよく観察していればそんな戯言は思い付きもしなかったろう。

『日本書紀』には仏教伝来を飛鳥時代と記している。
そこで描かれる神道勢力と仏教勢力の争いが物部氏と蘇我氏の争いなんだが、日本史の授業で結構サラリとやるので覚えていない人も多い。

それはともかくとして、仏教自体はその争いより前には伝来して民間で信仰されていたから勢力争いが起きたわけである。

その結果、神道派の物部氏が負けたわけで、日本では仏教が広く帰依されるようになったわけである。ちなみに、聖徳太子というのは仏教派だ。

だが、当然といえば当然だが、外来した仏教は日本の土着信仰と融合されるわけである。当然だが、神道とも融合していく。

そういうこともあって、日本では「宗教といえば?」と聞かれれば「仏教」なんだが、「国の宗教は?」と聞かれると「まぁ、神道かな」という感じになる。

この流れが、飛鳥時代から江戸時代末期まで続くのが日本の宗教なのである。よって、生活習慣や行事にも多くその色が残っているわけだが、岩公某は無知なので気が付かないのである。

前にも書いたが

なぜ、夏には夏祭りがあるのか?
なぜ、畳のヘリは踏まないのか?
なぜ、和室には床の間があるのか?
なぜ、京都は左が右京区で右が左京区なのか?

さらにここでも書いたが

「峠」という日本漢字(和製漢字=国字)はいわゆる会意文字と呼ばれる漢字の意味が組み合わさったものだが、山の上下で「テッペン」のことである。日本の峠を巡ってみると、そこには今でも必ずといっていいほど「地蔵」がある。なんもなくとも地蔵だけはある。

2013-08-21_034536

(だいたいこんな感じで存在する)

2013-08-21_034549

京都の百井峠にある地蔵(深夜にまほろばさんがたまに出没する)

民族学者の柳田国男は「峠は文化の境界であり、故郷と異郷の境界であり、その表と裏で文化が変わる」と説いた。そこを行き来するということは文化をまたぐことであり、その旅を祈願するために地蔵がいるとした。

とかいろいろと気になるところはあるもんである。岩公某にはそういった感性というものがないのだ。だから写真がヘタなんだな。ほんと、もっと日本を理解してから世界に飛び出して、偉そうに日本を語ってもらいたいものである

2013-08-21_035654

(峠の一例、近代国家ヤポンの道は今でもだいたいこんな感じ)

ちなみに、まほろばさんは『古事記』も『日本書紀』も原文で読んでいる上に、教育課程で日本史を修得している。その後、「10時間で神話~近現代を超高速で全部学ぶ」という「ありえないスパルタ授業」を受けている。さらにいうと、峠で地蔵の写真を撮る趣味がある。海外に行く暇がない。

 「神道」とは日本の土着信仰の中で育まれてきたもの

2013-08-21_035121

(国道1号、日本はどこいってもだいたいこんな感じ)
※北海道と九州は別の国なので含まない
※沖縄はどーみても外国なんで含まない

明治時代まで日本は「神道」と「仏教」がガッチャンコしていた。これがいわゆる「神仏習合」というやつである。日本史やれば必ず学ぶ言葉だろう。ただ、日本史の授業ではそれがなんで起きたとか、歴史の流れで体系的にどう変化してきたとかに重点を置かないので、すぐに忘れ去られてしまう。歴史は連続しており、今ワタチラが生きている日本もその延長線上にある。歴史と密接に関わりあって今の日本人も生きている。

例えば、「国道1号」(線をつけないのが正しい)は旧道・新道とかあるけれども、いわゆるほぼ「旧東海道」である。それをもっと歴史を遡ると、東海道は律令時代から存在するのである。

さらに遡ると、大昔から人々が通ってきた「通りやすい道」なのである。

ちなみに、さらりと「律令時代」とか書いているが、古くは推古天皇の時代とかである。「壬申の乱」の時に東海道の鈴鹿峠(鈴鹿サーキットのあるとこらへん)が封鎖されたとか、そういうレベルで古い。

また、その前から当然道は存在していたわけで、元はといえば原始人が「ふぉふぉふぉふぉ」と歩いていたケモノ道から出来たのである。

「道」とは古代から受け継がれてきた「知識」なのだ。

※だから「なんちゃら道」という伝統文化がたくさんある。「道」というのは知識や文化を意味する言葉だからだ。歌謡曲でも「道」といえば、「人生」とか「歴史」とかを想起する言葉で使われていることが多い。

512px-東海道.svg

(東海道イメージ)

すごい事書くと、今の物流と古代の物流は流れが同じ・・・とまでは言わないが、それくらい道には歴史がある。当然だが、そこを通って伝わるのが「文化」である。で、また離れれば変わるのが文化である。前述の柳田国男は「峠の表と裏で文化が変わる」としたが、地域によって風土や習慣も大きく変わる。

「神道」と「仏教」が古代から江戸時代まで長い期間の間ガッチャンコして、それが長い時間かけて伝播して、長い時間かけて変化してきた。「神道」とはそういった流れの中で日本の土着信仰の中で育まれてきたものだ。

土着信仰というと、共同体のルールみたいな性格が強いんだが、そういう地域のつながりというところに重点があるので、「祭り」という民間の行事が存在するのだ。今の「夏祭り」がまさにそれである。

 国家神道として見直された神社神道

240px-Uji-bashi_03

(鳥居の歴史は神社より古いとされている)

その長い期間土着信仰の中にあったものを「分離」する動きが起きたのが明治時代だ。それまでは、「仏教」と「神道」がガッチャンコして民間信仰として広まっていたが、神社は神社であったわけで、そこでは祭式が行われていた。皇室は皇室で祭式を行ってきた。「神道」は「神道」だったわけである。

ただ、混ざっちゃってて、それを国民統合の支柱として利用したい明治政府としても統一的な国家神道とするわけにもいかず。「神仏混合は止めて、神社神道を国家神道として体系化する」という試みに着手したのだ。

そこで明治政府が発した太政官布告「神仏分離令」の話になるのだが、それ自体は「神仏を分けましょう」という話なのだが、「廃仏毀釈」にまで発展してしまうのである。

「廃仏毀釈」はいわゆる廃仏運動のことで、民衆による仏教の迫害だ。
一説には、太政官布告を民衆が勘違いして仏教迫害に拡大したという話もあるが、明治政府の施策はあからさまに仏教を「外来宗教」として迫害に動いていたふしもある。「首なし地蔵が多いのは、そのため」という話もある。

2013-08-21_040135

(転がって落ちるのはまず頭からと相場が決まっている)

その結果、仏教が一時衰退することになって、「国家神道=神社神道」が形式化される。今の神社神道の原型になる。

前述したように、明治政府は「神道は宗教ではない」としていた。これは、政教分離の原則に則るためと言われているが、祭式を主体にした神道は「宗教」と呼ぶには抵抗が大きい。「神道は宗教ではない」というのは基本間違いではないだろう。

 まとめ (まほろばさんがアカに見えるのはマボロシである)

—————

(1)宮中祭祀
(2)神社神道
(3)民間神道
(4)古神道
(5)教祖神道

「神道」は古代日本の自然観をもとに自然崇拝(信仰)を形式化したものだ。

「仏教」は外来宗教である。

神道は大きく分ければ、祭式儀礼を主体にするのか、一般的な宗教と同じく教義(教学)を主体にするのかで、その活動内容は大きく異なってくる。(1)と(2)は祭式儀礼を主体にしたものだ。

だが、どの神道にも根本的には風土や民間信仰における自然崇拝(神概念)が基本にある。

神社神道とは日本の自然信仰という宗教観に対して祭式儀礼を行うために形式化された儀式の集大成であり、「宗教」と呼ぶには相応しくない。

—————

最初に書いたように、神道について大筋理解するなら上記のことを理解しておけば良いと思う。

興味があるなら、墓石は「神道」と「仏教」で違いがあるとか、伊勢神宮と出雲大社の不仲は歴史的にどう見るべきかなど興味深いテーマは多い。

自分の周囲だけ見渡しても、普段の生活の中に日本人の信仰というか宗教観というか、そういうものが歴史の中で生き続けている。

道・行事・習慣・・・・どんなものにも歴史があり、そこには日本人の宗教観が生き続けている。

あと、ついでに言うが、まほろばさんがマッカカに見えるのは「まぼろし」である。(ほんとだよ)

関連記事

2013-09-21_213832

【シリア】アメリカ「あまりにも詳細でビックリ!」と絶賛

9/20に提出されたシリアの化学兵器所有リストがあまりにも詳細でビックリしていると米国は感想

記事を読む

no image

報道の自由度ランキングが落ち始めたのは民主右派と自民党になってからである

報道の自由度ランキングで低評価となっているのは「小泉内閣」と「安倍内閣」である。 民主党は野田

記事を読む

no image

山本さん銃撃死:損傷は9カ所、首の傷が致命傷

山本さん銃撃死:損傷は9カ所、首の傷が致命傷http://mainichi.jp/select/ne

記事を読む

imgNews20121023_104552

ヨーロッパでは、現在、イランの放送局の衛星電波が一方的に遮断されている

もしどこかの国でBBCやCNNの放送が遮断されたら、人はどう反応するだろうか。 おそらく、『言論

記事を読む

no image

オバマに覚悟があるかはまだわからない

すごく曖昧な毎日の記事だが、シリア反体制派(テロリスト)を支援する連中は騒いでドンチャン騒ぎだ。

記事を読む

no image

「おいしんぼ」問題に見る日本の恥部

「おいしんぼ」が休載した。 フクシマの放射能問題を取り上げ、実際に現地から聞かれる声を漫画

記事を読む

2013-02-21_172747

サイバー偽旗作戦に騙されるバカ

アメリカはアメリカで自分らのことを棚に上げて、中国のサイバー部隊「61398部隊」からのハッキングが

記事を読む

no image

自由シリア軍は軍服と帽子を着用

3日、アレッポで自由シリア軍(FSA)が仕掛けた爆弾が爆発し25人が死亡した。自由シリア軍(FS

記事を読む

2013-06-12_192239

米国報道、シリアのビジネスマンもアサド支持

ウォール・ストリート・ジャーナルの記事だ。記事は5/26に公開されている。

記事を読む

no image

「独裁・権威主義vs民衆」というプロパガンダは欧米が「アラブの春」で使った常套手段

中東で起きた「アラブの春」という喧伝を真実だと信じ、「独裁・権威主義vs民衆」というプロパガンダを垂

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑