戦後保守、親米保守、似非右翼、ネトウヨ = 売国奴・非国民 である - 萌えてる非国民♪ 戦後保守、親米保守、似非右翼、ネトウヨ = 売国奴・非国民 である - 萌えてる非国民♪

戦後保守、親米保守、似非右翼、ネトウヨ = 売国奴・非国民 である

公開日: : 最終更新日:2013/09/25 政治, 権カ・利権

米国の手法は

(1)自らの悪事を「正義」だと喧伝する
(2)敵を「悪」だと喧伝し、不都合な事実を「嘘」だと言う

である。

日本もかつて、これにやられた。(参考:ドナルドダック「総統の顔」で見るプロパガンダ

親米連中は自らを「愛国者」「右翼」「保守」などとほざくが、やっていることは「愛国」の欠片もない、米国の言うがままの奴隷根性である。

親米似非右翼は「愛国者」ヅラして北朝鮮の脅威を煽るが、不都合な事実には一切触れない。

似非右翼・ネトウヨという日本の恥ずべき生き物も同様だ。「愛国者」ヅラして米国に尾っぽをフリまくり、国の事なんぞコレッポチも思っていない。

こいつらは、「原発反対」と言っただけで、それを「敵対勢力」だと決めつけるような愚行を犯す。の割には、東電が(参院選後を狙って)公表した「放射性トリチウム40兆ベクトルが海に漏れておりやんした」という不都合な事実には一切触れない。

それどころか、それを報じたマスコミやブログで話題に触れた人々を「文句ばっかり言って、国を貶める連中だ」と非難する。

こういう輩が日本にはたくさんいる。

自分は常に正しいと思いこむ。
他人は間違っているのが前提。
そして、自分の失敗は全部他人のせい。
都合が悪いと病気のせいにする。

こういうのを日本語で「女々しい」という。

関連記事

no image

アメリカ政府、急速なトーンダウン もはや忠犬ポチ公「JAPAN」がシリア侵略するしか道がなくなっている

※トップページにおすすめ記事掲載中※ こちらの記事でも書いたように、アメリカは単独爆

記事を読む

no image

SANAなどのHPはとっくの前から欧米のサイバー攻撃で不通状態

シリアでインターネットや携帯電話などが遮断された。「アサドが無差別殺率するつもりニダ!!」とか「クラ

記事を読む

2013-03-21_010050

キプロスがロシアに支援要請

キプロスの預金口座強制徴収は議会で否決されたが、キプロスはロシアに支援を求めたようだ。

記事を読む

Conroy_And_Belhaj_HumanTrash

【シリア】自由シリア軍はリビアから流れてきた。シリアとは無関係の連中ばかり。国連がアルカイダと認定

自由シリア軍を国連がアルカイダ認定したという記事。一応、記事のみ一部抜粋。内容は元記事で確認

記事を読む

no image

自由シリア軍擁護派が言っていることこそが「陰謀論」である

「天皇制」という言葉がある。 これはそういう制度があるわけではない。 この「天皇制」は共産主

記事を読む

2013-02-04_062715

シリア内戦は周辺国の行う民族的・宗教的浄化とジェノサイド

シリアの「解放」?? 民族的・宗教的浄化とジェノサイド シェーマス・クック(ソーシャル・ワーカ

記事を読む

2013-02-01_221904

RPGを撃ったら・・・

RPGを撃ったら、首が飛んでいった自由シリア軍(テロリスト)。

記事を読む

ffj4pg6Z9PJdnO9_16939_11

シリアのバカッター

炎上中 参考1 参考2

記事を読む

2013-09-19_140237

【放射脳】東電が“隠して”いた福島原発事故時の菅首相(当時)と東電の詳細記録判明????

なにやら、一部の放射脳が「東電が隠していた事故当時の東電と菅ちゃんの発言記録が流出」みたいなネタを提

記事を読む

no image

シリア問題が対話解決できない理由

シリア内戦に関して、一部の対米従属派や西側メディアの喧伝を信じている連中は「アサド=悪、反アサド=正

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑