シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ - 萌えてる非国民♪ シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ - 萌えてる非国民♪

シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ

公開日: : 最終更新日:2013/09/27 外交ヨミ, 権カ・利権

2013-05-02_174227

シリアでは追い詰められた「自由シリア軍」などのテロリスト集団がさらに無差別な住民殺戮を続けており、日々多くの犠牲者が出ている。その象徴的なものが自由シリア軍などのテロリストによる化学兵器使用だ。

自由シリア軍やヌスラ戦線がシリア国内で化学兵器を使用するのは、それを「政府軍が使った」と偽旗作戦を行うことで、米国などの軍事介入や欧米・湾岸諸国からの支援を引き出すためである。

これは、北朝鮮が周辺各国から恫喝して支援を引き出してきたのと似たような話だが、自由シリア軍やヌスラ戦線が最悪なのは、平和だったシリアを意味のない戦乱に陥らせて、すでに7万人を虐殺している事にある。

ここまで犠牲者が増えた原因を排除すれば、今後の犠牲者は無くす事ができる。

唯一の方法は、欧米・湾岸諸国が自由シリア軍やヌスラ戦線に武器・弾薬を一切与えず、金銭的支援も一切行わない事だ。

 シリア介入に慎重なオバマ政権

いまだに欧米メディアが最初垂れ流していた大本営発表を真に受けて「アサド政権は独裁者だ」と盲信する意見が散見するが、そういう連中が望んでいる米軍の介入は一向に始まる気配がなく、さらにいえば介入が遠のいた感さえある。

NewSphereによると、30日のオバマ大統領記者会見で、大統領は「シリアで化学兵器が使われたのは分かっているが、誰が使ったかは不確実だ」と明言している。

にもかかわらず、日本では「アサド政権が化学兵器を使った」と大騒ぎだ。

が、当のオバマ政権は慎重だ。

オバマ政権は「化学兵器使用はレッドラインだ」と言ってきたが、今回の件でも「使ったかどうかわかんねーし」という立場で、かなりのトーンダウンである。

 欧米銀行屋は中東に大イスラム国家の設立を目指す

かねてから書いているように、オバマは「欧米銀行屋勢力=ヌスラ戦線」側だ。シリアを侵略しはじめた「米英戦争屋=自由シリア軍」は敵対勢力だ。

欧米銀行屋勢力がシリアを侵略するのは、中東にイスラム厳格派の国家をつくるためだ。中東の連中なんか、独裁国家かイスラム厳格国家でもないとまとまらない連中だが、世界の支配構造を単純化したい欧米銀行屋勢力にとって「中東は大イスラム国家で」という目標がある。

その目標のためには「世俗派」なんて「ただの国家がまとまらまい害悪」なのであって、シリアやイランなんかは邪魔なのである。

ただ、シリアもイランもロシアに近い。欧米銀行屋勢力はロシアにも近いから、「中東は大イスラム国家で」という目標は遅々として進まない。むしろ、いま欧米銀行屋がシリアに介入するのは米英戦争屋の「自由シリア軍」に「中東を大イスラム国家にする」という目標を邪魔させないように防波堤を構築しているだけでしかない。

今回の化学兵器問題の件で、オバマ大統領がシリア介入に積極的ではないのは、それが米英銀行屋に得でしかなく、欧米銀行屋にとっても先にやることがあるわけで、いまシリアに介入したところで何の得にもならないからだ。

反して、米英戦争屋勢力はこういった「中東を大イスラム国家にする」という政策に敵対する立場である。なぜなら、中東にそんな国家が出来たら安定してしまうからであり、おまんま食い上げとはまさにこのことであるからだ。だから、ボストンテロなどでもそうだが、昨今の「イスラムテロ敵視」が喧伝されたりするわけだ。こういうところで、世の中の動きはつじつまが合っている。

 中国を中心に世界が動いている

では、なぜ欧米銀行屋が中東で有事を煽っているかというと、それは中国包囲網になるからだ。中東をブロックできれば、中国はアフリカへのアクセスが難しくなる。また、欧州への影響力増大もブロックできる。

これ自体は、「米国は世界の工場を目指す」という5年くらい前に書いた予測記事にも書いてあることだ。

シリア情勢もこの中国包囲網という大きな動きの中での出来事だ。要するに、それが達成できれば、別にシリアのアサド政権なんかどうでもいいわけだ。

「シリアのアサド政権とかどうでもいい」というのが米国・オバマ政権の本音である。

 シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ

実は「シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ」というタイトルはROCKWAY EXPRESSからパクった。

この記事は最近のニューヨーク・タイムズ紙の記事を取りあげて、最近の米国メディアでは「シリア反政府勢力がアルカイダに支配されている」ということが喧伝されはじめたことを報じている。

ヌスラ戦線がアルカイダだというのはだいぶ前から指摘されてきたが、アメリカの大メディアまでもがそのように報じてきている。

これは、米国のシリア政策に重大な転換期が来ていることを示している。

親米似非右翼どもが、どれだけ吠えようが、アサド体制は崩れないし、アメリカも介入をしない。自由シリア軍もヌスラ戦線もいずれ壊滅するか、大人しくなることが運命と決まっている。

関連記事

no image

シリア外相手、国連で西側非難

政府側民兵を残虐な手口で殺害してきたのは「自由シリア軍(FSA)」だ。 その「自由シリア軍(F

記事を読む

2013-01-04_115406

まずは「エネルギー」そして「マーケット」

グーグル会長が北朝鮮訪問計画をしていると報道されている。結構、重要っぽい話だ。財政の壁とか度重なる誤

記事を読む

no image

シリア・トルコがついに開戦

ついに始まった。 本日未明、シリア北部のトルコ国境地帯でアサド政権軍とトルコ軍が交戦した。シリア

記事を読む

2013-05-12_215113

急速に進む林道の舗装化

ひとつの地図を見てもらいたい。 ここは「山梨県南巨摩郡身延町八坂」という地域なんだが、

記事を読む

2013-10-04_001425

【外交ヨミ】右翼の軍国主義者と呼びたいならどうぞ

伊勢神宮の式年遷宮の儀式が執り行われました。細かい儀式は色々ありますが、10/2夜に行われた

記事を読む

2012-12-28_123640

自由シリア軍がイスラエルから武器をもらっている証拠映像

米英シオニストはシリアに無実の罪を着せ、自由シリア軍などと称したテロリストを送り込んでいる。イスラエ

記事を読む

2012-11-19_172632

ゴールドマンサックスが同じ15000円予測を出してきた

。 現在の上昇は金額にして、最大で15000円程度。ドル円では110円から112円程度まで想定

記事を読む

no image

「情報戦」欧米プロパガンダの罠

シリア国民は自由シリア軍(FSA)の暴カに怯え、自由シリア軍(FSA)支配下の地域(アレッポなど)で

記事を読む

2013-03-19_234412

自由シリア軍が大量殺りく兵器を使用!!!

自由シリア軍(テロリスト)が市民に向けて大量殺りく兵器(化学兵器)を使用した。 アレッ

記事を読む

no image

これだから、頭の悪い親米は困る

   「シリア政府軍は住民を殺しており、米軍が介入しなければ被害が止まらない」  

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑