ロシアのしたたかな外交 - 萌えてる非国民♪ ロシアのしたたかな外交 - 萌えてる非国民♪

ロシアのしたたかな外交

公開日: : 最終更新日:2013/09/26 外交ヨミ, 政治, 権カ・利権

つい先日のことだが、一時的に似非右翼が「ロシアがシリアを見離した」などと大騒ぎしていた。要するに、ロシア側の主張を歪曲して理解した結果だが、どうにもこうにも対米従属連中というのは浅はかである。

2012-12-30_070700

ロシアは一貫してこのように主張している。

(1)シリア内戦はシリアの問題
(2)シリア内戦に国際社会が介入するのは間違っている
(3)アサド政権への退陣要求は間違っている
(4)シリア内戦は話し合いで決着をつけるべきである

これらはシリアを守るために当然の言説だ。ロシアはシリアを見離してはいない。むしろ、擁護しつづけている。もし、仮にロシアがこれらの主張と反対のことを言ったら、国際社会はシリアに堂々と干渉できることになってしまう

国際社会がシリアに介入したら、それこそイラクとリビアの二の舞だ。

ロシアはそれを阻止しているのだ。ロシアがシリアに直接的に関与しないという立場をとることで、シリア侵略を目論む国も直接介入できなくなっている。

 ロシアのしたたかな外交2

ロシアがシリアに軍艦を派遣したというニュースが出ている。これを欧米メディアは「在シリアのロシア人をシリア国外に脱出させるための準備」と報じ、似非右翼などの対米従属連中が「シリアは終わりニダ」と騒いだが、これもまんまとロシアの思惑とおりだ。

ロシアに限らず、こういった動きには2つの側面がある。どっちに転んでも対応できる施策を取るのが外交では必須なのである。

一方で、在シリアのロシア人救出という名目。そして、もう一方で公然とシリアに軍事力を展開しているという事実がそこにあるのだ。

これが分からず、ただ騒ぐ対米従属連中はアホなのである。

 米英の直接介入を防ぐのが最善の策

シリアもロシアも「反政府勢力に外国の支援がある」と暗に米英を非難してきた。そして、「内政不干渉であるべきだ」とも主張してきた。この主張は外交的に正しい。もし、外国の直接介入を認めてしまうと米英は公的に隠す必要などなくなり、調子に乗ってシリアに直接介入しようとする攻勢を強めてくるはずだ。また、「内政不干渉」を主張することで、国際法違反を主張することが出来る。

この問題で一番重要なのは「米英の直接介入を防ぐ」に集中される。
なぜなら、直接介入されたらシリア政府は負けるからである。

また、シリア政府が優勢であることも本来あまり主張すべきことではない。むしろ、対外的には「優勢ではない」と主張しておくことは、国際社会からの圧力を緩める効果がある。だが、内面的には戦果はアピールすべきだ。なぜなら、欧米メディアは「シリアのアサド政権が崩壊間近」と喧伝することで、離反兵士や国民の支持離れを期待しているからだ。その辺のさじ加減をうまくやるのが正しい政治である。

 戦争と話し合いは同時進行である

ロシアが反政府勢力と政治的解決を模索していると報道され、それが似非右翼にとっては「ロシアがシリアを見離した」と映るようだが、とんだ大間違いである。

シリア情勢を巡って、ロシアのラブロフ外相は、反政府勢力がアサド大統領の退陣を政治的な解決に向けた交渉の条件としていることについて、「間違っている」と述べ、ロシアの立場に理解を得るため、反政府勢力側との対話を模索する考えを示しました。

ロシア外相 シリア反政府勢力と対話模索(NHK)

戦争と話し合いは一緒に行うものである。話し合いで停戦を模索しながら、いつ裏切るかのタイミングを見計らうのが正しい戦い方だ。

そして、ロシアの行動は国際社会的にもウケが良く映る。「対話していますよ」という意思表示が悪いイメージになることはない。

戦争と話し合いは同時進行である。腹の探り合いだ。ロシアの外交はしたたかである(米国もそうであるが)。日本の政治家も見習うべきである。

ようするに「中国攻めろ」とか「戦争しろ」とか騒いでいるだけの連中がいかに外交センスがないかということだ。

関連記事

2013-03-01_070130

自由シリア軍(テロリスト)と戦う勇敢なシリア国女性兵士

欧米・湾岸諸国によるシリア侵略に抵抗しているシリア国民。女性も自ら戦闘に参加し、自分たちの国家・生活

記事を読む

no image

「株安・円高・デフレ」、日本一人勝ちの戦略はこれしかない

2週間ほど前から売国奴どもが「円安」だと騒いでいます。 「円高・内需振興」で”東アジア経済圏”を構築

記事を読む

no image

遠隔操作ウィルスの報道と対中圧力

昨日書いた遠隔操作ウィルスの本体の名前が分かったと報道があった。これは新種の「BKDR_SYSIE

記事を読む

2013-04-20_015145

ボストンマラソン爆破事件の真実

こちらとこちらで書いたが、今回のボストンマラソン爆破事件が「情報錯そうを目的とした出来事」で

記事を読む

no image

自由シリア軍、小さな少女を使って捏造ビデオ撮影

以前伝えた動画に有志による日本語字幕がついた。1:27くらいから少女を使った捏造撮影の決定的瞬間

記事を読む

2012-12-17_201130

日経平均は1万円回復目前

今年の秋に、「円安・株高になる」と予測した。(まとめはこちら) それまでは長年「円高・株安」を

記事を読む

no image

アメリカの財政赤字は「6000兆円」

米財政赤字は過去最大の1.2兆ドルの見通し、景気対策で拡大も http://jp.reuters.

記事を読む

2013-01-14_062215

1/12 シリア・首都ダマスカスの様子

記事を読む

2012-12-14_154823

世界的に理不尽極まりないシリア侵略を許すな

シリア内戦は、米英と湾岸諸国から支援を受けたテロリストである「自由シリア軍」によって起こされ

記事を読む

2012-11-18_163956

自由シリア軍、バスを攻撃して民間人を虐殺

続く、自由シリア軍(FSA)の虐サツ行為。 11/14 シリア最新ニュース

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑