パレスチナ 「国家」格上げ決議採択 国連総会 - 萌えてる非国民♪ パレスチナ 「国家」格上げ決議採択 国連総会 - 萌えてる非国民♪

パレスチナ 「国家」格上げ決議採択 国連総会

公開日: : 最終更新日:2013/09/28 外交ヨミ, 政治, 権カ・利権

【ニューヨーク=長田弘己】国連総会は二十九日午後(日本時間三十日午前)、パレスチナの国連資格を、現在の「オブザーバー組織」から「オブザーバー国家」に格上げする決議案を賛成百三十八、反対九、棄権四十一の賛成多数で採択した。米国やイスラエルなどは反対に回った。日本は賛成票を投じた。
オブザーバー国家は、国連加盟国とは違うため総会などでの投票権はないが、国際司法裁判所(ICJ)など他の国際機関への加入の道が開ける。
パレスチナ側は国連から「国家」として承認されたことを踏まえ、今後のイスラエルとの和平交渉を有利に進める狙いもある。
採決に先立ち、議場で演説したパレスチナ自治政府のアッバス議長は「和平交渉を無駄にしようとしてはいない。むしろ平和を求めるための行動として、パレスチナに国としての出生証明書を与えてもらいたい」と強調。最近のイスラエルによるパレスチナ自治区ガザへの攻撃を非難し、「もうこれ以上の占領や攻撃はいらない。国際社会は今、行動を取るべき時だ」と支持を呼び掛けた。
決議は一九六七年以降に占領されたパレスチナの領土に独立国家を樹立する権利も再確認している。
イスラエルは議場で「和平交渉は直接二国間で行われるべきもので、このような形で平和はもたらされない」と従来通りの主張を展開。米国は採択後、「(この決議をもって)パレスチナが国家となるわけではない」と反対の理由を説明した。

東京新聞

突然の出来事であるが、先日空爆されたガザのあるパレスチナが国連での地位向上に成功している。当然、米国とイスラエルは反対したが、圧倒的賛成多数での可決となった。

結果として大事なのはパレスチナが国家として正式に認められたという事実だ。これにより、イスラエルはパレスチナにおいそれと手を出すことが出来なくなった

この動きの背後には反イスラエル派(米国銀行屋=オバマ・ロシア・中国)などが当然あるようにも思われるのだが、いまいち分かりづらい。もう少し事情は複雑そうだ。

注意点は、今回の件はイスラエルとドンパチやったムスリム同胞団の「ハマス」の動きではなく、パレスチナ政権の「ファタハ」のアッバス議長の動きということだ。同じパレスチナでも、ガザを占拠する「ハマス」とパレスチナ政権である「ファタハ」が存在している。イランやシリアは「ハマス」支持だが、それ以外は「ファタハ」を政権と認めている。ややこしいかぎりだ。今回の動きで、攻撃性の高い「ハマス」と敵対している「ファタハ」はイスラエルからの攻撃を減少させることが出来るというメリットがある。ここがまずひとつ重要だ。

イスラエルから見れば、どっちも許せるものではない。イスラエル寄りの米国戦争屋からしてもそうだろう。

ただ、今回の件は結果的にパレスチナとイスラエルの関係が悪化するというものになっている。パレスチナが国家として認められれば、イスラエルはむやみに手を出せなくなる。イスラエルが反対するのは当然だ。紛争自体は減ることになるからだ。

であれば、今回これを仕掛けた米国銀行屋側に得する要素があるはずだ。パレスチナが地位を高めてイスラエルとの緊張が増加するなら金融崩壊を伸ばすことが可能になるからだ。

金融崩壊を阻止するには、バブルが起きる(=新技術への転換が起きる=産業革命)か戦争が起きる(軍需・復興産業)必要がある。

しかし、これだと戦争が起きないから得にはらない。
ということは、それ以外でイスラエルを追い込む何かを用意しているということだ。 

今回の一件は米国銀行屋にとって悪い話ではないように思える。米国銀行屋にとってイスラエルは敵性勢力である。また、「ファタハ」のアッバス議長の動きであるのと、国連の動きである点もその説に説得性を持たせる。国連は今や米国銀行屋(米国銀行屋=オバマ・ロシア・中国)のものであるからだ。

ここで気になるのはシリアの位置づけだ。 シリア的にはハマスとは協調関係にあった。しかし、ここのところシリア政府とハマスとの関係悪化が取りざたされてもいた。この関係悪化も関係があるように思える。

関連記事

no image

現状で「大政翼賛会」を使うのは誤用

2008年に将来の日本に「大政翼賛会」的政党が出来ると予測した。最近、一部のブログで「大政翼賛会」が

記事を読む

no image

トルコへの砲撃は自由シリア軍が捏造

Russia Today が「トルコへの砲撃は自由シリア軍(FSA)によるもの」と報道した。これまで

記事を読む

no image

与謝野馨、売国奴として余生を短命に送ってもらいたい

与謝野談話 10年後の日本は沈没する 今こそ英知の結集を 米国銀行屋の攻撃に何もせず、米国銀行

記事を読む

no image

こういう時に、なにかもっと大きな事がよく起こる。

木曜から少しずつ体調が悪くなり、金曜日の夜からは胸がしめつけられる感じで痛みが広がって、頭が重かった

記事を読む

no image

シリア反政府軍の捏造映像で使われる死体は演技だった

 

記事を読む

no image

シリア首相は戦争屋のエージェント

昨日報道されたシリア首相の亡命は、シリア首相が原油利権(戦争)のエージェントであったからだ。戦争の利

記事を読む

no image

NATO子飼いの「自由シリア軍」による市民大虐殺映像

Civilians Massacred in Daraya A Town Overrun By NA

記事を読む

no image

自由シリア軍の捏造手法

自由シリア軍(FSA)は当初から動画投稿サイトなどを使ってビデオ映像を配信しているが、やらせや捏

記事を読む

no image

革命の後の混乱は悲劇を増大させている

東京財団の佐々木がまた良い記事を書いている。こういう事実を書く中東専門家は貴重だ。

記事を読む

2013-08-15_095512

エジプトの騒乱で原油価格が高騰するわけではない

今朝のTBSニュースバードの経済ニュースで「産油国エジプトでの騒乱で原油価格が高騰する懸念・・・」み

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑