トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦 - 萌えてる非国民♪ トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦 - 萌えてる非国民♪

トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

公開日: : 外交ヨミ

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

エルドアンが市民に呼びかけて反乱軍に抗議するように主張したが

完全な人間の盾であり非人道的行為である。

エルドアンとはこのように国民を私利私欲のために使う大統領である。

ここですぐに扱わなかったのには理由がある。

それはこのクーデターがエルドアンの自作自演であまりにも茶番で誰にでもすぐにわかるようなものだったからだ。

だが日本ではクーデターとして報道されたようである。

トルコは日本では知られていないが民主主義でもなんでもない。

独裁国家である。

エジプトも独裁国家である。

だがしかし不思議なことにシリアのアサド政権は「独裁だ倒せ」と騒がれるのにエジプトとトルコは騒がれない。

またエルドアンは私服をこやしている。

パフォーマンスだけで実がともなっていない。

国民がエルドアンに不満があってもおかしくないし

トルコ軍の一部に不満があっても不思議ではない。

しかし理由はそれではない。

今回の件はエルドアン不人気を一掃するためにエルドアンが自作自演で起こしたのが今回のクーデターだ。

エルドアンはアメリカの陰謀だというが

また宗教団体の陰謀だというが

すべて嘘である。

ちゃちいクーデターで計画性もなにもない。

本当にクーデターをおこすのなら

エルドアンを一気に拘束するはずだ。

それもなにもできていないことがすべてをものがたっている。

関連記事

2013-05-16_023944

飯島の北朝鮮極秘訪問はなぜバレたのか?

昨日の記事で書いた「飯島勲内閣官房参与、北朝鮮で涙の再開」だが、飯島が生き別れた弟と涙の対面

記事を読む

2013-05-02_174227

リスクを抑えて行える「テロとの戦い」という新しいビジネス

欧米日では911以降「テロとの戦い」が主張されるようになった。それまでの「冷戦」構造が終わり

記事を読む

2012-11-19_172632

これから先のために

以下の4本の記事を再度読んでおいてもらいたい。 「エネルギー政策」こそ、日本の行く末を決める重

記事を読む

no image

「株安・円高・デフレ」、日本一人勝ちの戦略はこれしかない

2週間ほど前から売国奴どもが「円安」だと騒いでいます。 「円高・内需振興」で”東アジア経済圏”を構築

記事を読む

2013-02-24_130454

TPPでハナから逃げ回っている連中は敵前逃亡に等しい

「金融崩壊、日本はどうなる?」で少し触れたが、今年の夏に「金融崩壊は9月以降で寒くな

記事を読む

no image

故中川議員と石川議員を代理にした[A陣営]と[B陣営]の戦い

小沢氏不起訴で石川議員が釈放された。 巷では、小沢不起訴の背景には「手打ち」があったと言われて

記事を読む

2013-02-06_181936

大恐慌以降の歴史をトレースするだろう

2/5付けのFT紙に掲載された記事が「日経新聞」に転載されている。 男たちが第1次

記事を読む

2013-09-03_011937

この絵の意味は? ~ 欧米に原爆を落とされ、日本はやられたままで犬になり下がっている ~

もはや説明fa不要と思います(アルピニスト父風にw 誤字も忠実に再現www) いや、解

記事を読む

cropped-img2-1.png

日経経済について予測まとめ2

 今の株価の動きは予測通りの展開 2006年、まだリーマンショックすら起きていなかった

記事を読む

no image

人権団体は米国の拷問は人権侵害に値しないと考えている

世界中の人権団体は西側諸国の喧伝機関として活躍している。 「独裁国家で拷問など人権侵害が起きている」

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑