次の狙いはキューバ アメリカの陰謀 - 萌えてる非国民♪ 次の狙いはキューバ アメリカの陰謀 - 萌えてる非国民♪

次の狙いはキューバ アメリカの陰謀

公開日: : 外交ヨミ

日本時間の2016年3月21日にアメリカ大統領オバマはキューバに上陸する。

アメリカ大統領としての訪問は88年ぶりとなり

これまでいかにアメリカがキューバを敵対視していたかは歴史が証明している。

1961年に国交断絶。

2015年に国交正常化。

アメリカはキューバに対して柔軟な対応を行っている?

いや違う。

アメリカ・欧州が仕掛けた「アラブの春」を見よ。

シリア・リビアなど比較的親米路線であった国から滅ぼされている。

いやもっと前からだ。

イラクも湾岸戦争で滅ぼされたが

イラクは西側の国家であったのだ。

いやもっと前からだ。

1989年に日本では「独裁者」として言われていたニコラエ・チャウシェスク政権が打倒された。

彼は独裁者だったか?

そう独裁者だった。

だがしかし。

歴史を知らない者はニコラエ・チャウシェスクをアカというだろうが

ニコラエ・チャウシェスクはロシアを非難し

親西側の独裁者であったのだ。

これまでの民主化革命は

比較的親米路線であった国から滅ぼされている。

逆に強硬な反米路線の北朝鮮やイランをアメリカは攻撃しようともしない。

キューバの次は日本だ。

ネトウヨも安倍も覚悟しておくがいい。

おまえらの親米路線が日本を滅ぼす。

親米になるほど国は滅びる。

いや滅ぼされるのだ。

関連記事

4siriya_xim_orugie

【超重要、加筆・修正あり】寝る前に「シリア、化学兵器、空爆を二極論」で見る ~ あなたに快眠をお約束 ~ (ただし、重要) 化学兵器を撒いたのはやっぱり自由シリア軍(戦争屋はシリア侵略を諦めた?)

今日の記事で書いたように、米国オバマはシリア空爆を議会の承認を求める動きとなっている

記事を読む

no image

ウクライナと連動するTPP

EU圏で、極右勢力が勢力を伸ばしている。 これは、「EU=ナチス=銀行屋」の施策である。その番

記事を読む

2013-03-19_171421

3/19 日経平均反発

キプロスの件は「政治的な問題であって、金融的には大した問題ではない」とした。しかし、18日の

記事を読む

2012-12-24_183534

意識しないでアメリカに刃向う安倍政権

本ブログでは安倍に対して以下のように書いてきた。 ・安倍政権は戦争準備内閣(戦争内閣で

記事を読む

2013-03-15_044020

週明け11日以降、他のブログなどで「朝鮮戦争危機」を煽る記事が出現

今日はSQなんで日経平均は12000円台定着をしてくるだろうとした。実際そうなってい

記事を読む

no image

【業務連絡】いま、世界の悪役といえば?

海外メディアが連日流すニュースはもう2つのみ。 「FUKUSHIMA! FUKUSHIMA!

記事を読む

no image

【シリア】シリアを空爆しようとしていたのは戦争屋勢力

シリア関係の投稿を読んでいると、シリアを空爆しようとしているのは「NATO」だという主張がある。しか

記事を読む

2012-12-08_131942

「エネルギー政策」こそ、日本の行く末を決める重要な懸案事項

4年前から主張しているように、米国は国内回帰をして世界の工場を目指してきた。今年の夏くらいか

記事を読む

2013-01-22_2147461-150x142

なぜゴールドが下がるのか、その明確な理由

ゴールドの下落が著しいと経済ニュースでは大騒ぎだ。 だが、これは別に驚くに値しない些細

記事を読む

2013-01-04_115406

Google会長訪朝 日本はロシア・インド・イランに舵を取れ

若干見つけづらいニュースでこっそり流れているのが、「北朝鮮で独自ブランドのタブレットが人気」という記

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑