安田純平の動画が「ヌスラ戦線」により公開 - 萌えてる非国民♪ 安田純平の動画が「ヌスラ戦線」により公開 - 萌えてる非国民♪

安田純平の動画が「ヌスラ戦線」により公開

公開日: : 外交ヨミ

3月16日にフリージャーナリストの安田純平の動画が「ヌスラ戦線」により公開された。動画は本人で間違いない。

ヌスラはシリア動乱の初期から存在するグループでアルカイダ系と言われている。

当初は残忍な方法も散見されたが「ISIL」よりはまだなんとかなる組織だ。

目的は金である。

「ヌスラ戦線」であれば目的は金である。

一番気になる部分はなぜ今の時期かだ。

理由はひとつだ。

安田は金にならないからである。

安田純平というジャーナリストは(常岡よりマシだが)反体制的である。(中道に近い)

日本政府側でもないし

アメリカ寄りでもない。

(ただしシリア問題では反アサド的な報道をしていた。その点では体制側ではあった。)

なんでもないタイミングで安田を拘束しても日本の安倍政権は必ず見殺しにする。

かつて後藤健二で見事に見殺しにしたのと同じになるはずだ。

だがしかし

これが「ISIL」であったならば「阿吽の呼吸」で安倍政権のお望みどおりいなくなっておしまいだが

相手は「ヌスラ」である。

なかなか良いタイミングだ。

さすが安田純平だ。

動画には日本政府への批判も入れ込んであるがこれは安田のシナリオだろう。

必要以上のことは動画にはなっていない。

ネトウヨはアンチ・安田キャンペーンを行うに違いないが馬鹿だから事情をまったく理解していない。

安田の真意はもっと深い。

これで安田が助かれば日本政府も安田も

大団円である。

「ヌスラ」もお金がはいって悪くない話だ。

誰だい?

裏でシナリオ作った馬鹿は?

ウインウインとはよく言ったものである。

関連記事

no image

【シリア】シリア和平会合はもとから頓挫しています

10/3の東京新聞の記事です。しかし、記事は現状のシリア情勢を十分理解していない記者のもののようです

記事を読む

no image

イスラエルが「シリア攻撃とか興味ないから」と突然言いだす

かなり意味不明なことをイスラエル高官が述べたと報じられている。 元記事はITAR-TASS通信

記事を読む

2013-03-14_132320

朝鮮半島有事は日本に被害が及ばないだろう

4/20 深夜1時頃に投稿した「なにかきっと他にもっと大事な事が起きているに違いない」 で、ボストン

記事を読む

2013-05-02_174152

シリア内のテロリストに対する支援を停止すべき時だ

シリアでは追い詰められた「自由シリア軍」などのテロリスト集団がさらに無差別な住民殺戮を続けて

記事を読む

no image

果たして、TPPは日本にとってどうなのであろうか?

4/29に米国戦争追従政権である民主党の野田総理はオバマと会談して、米国に血税を貢いでしまった。オバ

記事を読む

no image

【外交ヨミ】「大政翼賛会的政党」をつくる人物

これまで、「2025年に日中戦争(または米中戦争)が起きる」と世の中の不安を煽ってきた(ちょ)。

記事を読む

2013-02-01_140919

日経経済について予測まとめ

「2012/12/20 予測・主張まとめ」とその後に書いた経済関係についてまとめる。

記事を読む

no image

板門店で国交正常化協議開始

日本にとっては良い展開とはいえなさそうだ。 韓国と北朝鮮は6/9現在、板門店で国交正常化協議を

記事を読む

no image

中国人団体旅行客はいたって普通だ

 ネヴァドゥダの8/21記事が意図的だ。  日本人と中国人  http://blog.live

記事を読む

2013-04-04_220702

日経先物は13000円トライ

本ブログでは、昨年アベノミクスに先行すること数か月前に「円安・株高宣言」を出した。売り方の自

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑