シリアにISILはすでに存在しない - 萌えてる非国民♪ シリアにISILはすでに存在しない - 萌えてる非国民♪

シリアにISILはすでに存在しない

公開日: : 最終更新日:2015/09/30 外交ヨミ

シリア問題は急速に動いている。まとめておこう。

欧州へシリア難民が大移動している。
フランスがISILの拠点に空爆を開始。
ロシアが欧米にISIL討伐で連合の必要性を強調。
それはシリアのアサド政権も含めた連合になる。

ここまではマスゴミで流れていることだ。

「ひるおび」に出てくる軍事ジャーナリストやバラエティでも躊躇なくでてくるなんちゃって戦場記者やろくでもないマスゴミ連中は莫迦だからこういうだろう。

シリア難民はアサド政権の空爆のせい。
ロシアはアサド政権を擁護しアメリカはアサド討伐をあきらめていない。

それらすべてが間違いである。

欧州へシリア難民が大移動していたのは事前に欧米露がシリアへの空爆など攻撃を強めることがわかっていたからである。アサド政権の空爆はシリア問題最初からあることで今更難民がアサド政権の空爆のせいで大量に出てくるのであればこれまでも出てきたのである。

説明しよう。

まずシリアにISILはすでに存在していない。

だから欧米は居留守空爆で金を使おうと画策したのである。

欧米がシリアを空爆するのがわかっていれば町から人がいなくなるのは当然。

だからシリア難民がいきなり急増したわけである。

故にシリア難民が急増したのは欧米の爆撃が原因なのである。

莫迦な軍事ジャーナリストはシリアのアサド政権の空爆のせいと言うがどこまで嘘つきなのだろうか。あきれるばかりである。

そしてここでロシアが連合を示唆したのはなぜであろうか。

まずは欧米の空爆がアサド政権やロシアの権益に影響がでないようにするためがひとつ。

もうひとつは麻薬利権である。

シリア問題開始後に米英が育てたテロリスト集団自由シリア軍は大麻の栽培を行っていた。自由シリア軍を自由の戦士だと喧伝する軍事ジャーナリストや戦場記者が日本では跋扈したのを覚えているだろうか?

彼らが支持していた自由シリア軍は大麻を大量に生産して戦争資金にしていたことがわかっている。買っていたのはイスラエルだ。ここになぜあの軍事ジャーナリストや戦場記者が自由シリア軍を大讃美しイスラエル人で日本語達者な輩が大々的に日本で自由シリア軍の正義を喧伝していたか分かるというものだ。

その後ISILはこの麻薬畑を自由シリア軍から奪取して焼き払うなどしていたがこのISILも最近は原油収入ではなく大麻収入で軍費をねん出するようになってきた。

麻薬といえばアフガニスタンであるがISILはアフガニスタンの反政府勢力と結託してこの大麻栽培を拡大するためにすでにほとんどのISILがアフガニスタンに移動したのである。

アフガン政府は現在は欧米寄りでありタリバンが反政府勢力である。そしてロシアにも近い位置にある。

ISILは欧米銀行屋勢力(米民主党)である。

アフガニスタンは米国戦争屋勢力(米共和党)である。

ここに銀行屋と戦争屋の麻薬利権の取り合いが始まったのが最大の理由だ。

ロシアはそれにちょいと絡んで利権を得たいのでプーチンが頑張っているのだがもしアフガンでISILが勢力拡大したら麻薬汚染されるのは中国とロシアである。

中国は沈黙しているがロシアはそうそうに牽制球を投げてきているのである。

関連記事

no image

安倍が海外に自衛隊を送る理由

安保法案が通り安倍政権の支持率が急落した。 今更急落したところで遅い。なんの意味もない。

記事を読む

2013-07-07_190300

今回のエジプト軍事クーデターは欧米銀行屋によるさらなる中東ブロックの強化

エジプトのムルシー政権が軍事クーデターで打倒された件については、先日書いた。その際に、この件はシリア

記事を読む

2013-02-01_141153

戦争に進む日本とそれを予見した手法

 予測手法 金融崩壊、日本バブル、その後にあるのは予測とおり戦争だ。予測では、その

記事を読む

no image

スノーデンはロシアの市民権を得ることになるだろう

本ブログでは元CIAのスノーデンについて、以下のように予測してきた。 (1)スノーデンは欧米銀

記事を読む

2012-11-19_093639

尖閣諸島に上陸してもさほど意味はない

似非右翼連中は「中国の領海侵犯には尖閣上陸で対応しろニダ」と言っている。 尖閣諸島の地

記事を読む

2012-11-18_174026

日米の存続に必要な要件

■すごく無責任なことを書くシリーズ■ 日米の存続に必要な要件 言葉を換えれば、将来の「東アジア経

記事を読む

no image

【シリア】シリア和平会合はもとから頓挫しています

10/3の東京新聞の記事です。しかし、記事は現状のシリア情勢を十分理解していない記者のもののようです

記事を読む

2012-12-26_132037

戦争しながら経済も進める

中国での反日暴動後、中国に進出する日本企業への風当りが強くなっている。 法輪功などの米英戦争屋

記事を読む

2013-03-20_233218

韓国で放送3局と銀行の情報システムがダウン これがブラックスワンだ

20日14時頃、韓国で放送3局と銀行の情報システムがダウンするという事故が起きた。まさに、これが本ブ

記事を読む

no image

上杉隆がヒズボッラを取材

似非ジャーナリスト連中ではなかなかできない事を上杉隆はやってきたと思う。まぁ、細かいことおいといて。

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑