「イスラム国は身代金が目的だ」と主張する専門家がいればそれは偽物であり情勢がわかっていないただの莫迦 - 萌えてる非国民♪ 「イスラム国は身代金が目的だ」と主張する専門家がいればそれは偽物であり情勢がわかっていないただの莫迦 - 萌えてる非国民♪

「イスラム国は身代金が目的だ」と主張する専門家がいればそれは偽物であり情勢がわかっていないただの莫迦

公開日: : 外交ヨミ, 権カ・利権


イスラム国(非国家)は日本人二名を人質としたが日本政府と国民に対して身代金を要求してきた。

しかしながら、身代金が目的ではないことは明白である。

もし、「身代金が目的だ」と主張する専門家がいればそれは偽物であり情勢がわかっていないただの莫迦ものだ。

身代金が目的であれば動画は必要ない。

本来は動画が公開されるのは交渉が進まず処分間近であることを示し、最後通牒の意味合いが強い。

だがしかし今回の動画では「メッセージ性」がかなり強いものとなっている。そして金額が現実的ではない。

イスラム国の目的は日本に手を引けというメッセージにしかなっていない。

原油安はイスラム国にとって問題ではない。それよりも米英(本来はイスラム国の生みの親)による想像を絶する空爆が問題である。

故にイスラム国は「さほど重要ではない」とし期限が切れても処分しなかったのである。

いま、日本がすることは中立を保ち、これから起こるであろう中東でのイスラム国対欧米の戦争に仲介役を出られる立場におさまることである。

故に「イスラム国は身代金が目的だ」と主張する専門家がいればそれは偽物であり情勢がわかっていないただの莫迦である。

関連記事

2012-11-19_172632

金融崩壊、日本はどうなる?

 解散は金融崩壊を視野にいれた逃亡策 野田政権の解散が決まり、年末は選挙モードだ。だが

記事を読む

2012-12-03_030055

12/2、自由シリア軍が市民と子供たちを殺害

シリアで2日ほど続いたインターネット遮断だが、12/1に復旧したと書いた。自由シリア軍側は何の根拠も

記事を読む

no image

【シリア】反体制派「国民連合」、ジュネーブ2の出席有無についてシカトを決め込む

国連事務局スポークスマンは、「我々は、(国民連合から)そのような書簡(出席有無)は受け取っていない」

記事を読む

2013-08-23_135540

8/23後場中、日経平均13753.71(+388.54)円 暑さのせいで蜃気楼が見える 日本政府は「緩い北日本閉鎖」で人口の半分が早く死ぬのを祈っている

8/23の14時直前の日経平均は+400円くらいで推移している。

記事を読む

no image

自由シリア軍がまたまたジャーナリストを誘拐

自由シリア軍(FSA)がまたジャーナリストを誘拐した。 

記事を読む

no image

シリア政府、アレッポに3万人増派

シリア政府軍はアレッポに兵隊3万人、戦車2000両を増派することを決めた。これは、アサド大統領が直に

記事を読む

2013-08-31_174725

米国の諜報機関は2011年だけで、ロシア、イラン、中国、北朝鮮に対して231回のサイバー攻撃を実施

シリア爆撃の影に隠れて平穏な日々を過ごすスノーデンは、負けてたまるかと情報を発信中である。 本

記事を読む

2013-09-19_140237

【放射脳】東電が“隠して”いた福島原発事故時の菅首相(当時)と東電の詳細記録判明????

なにやら、一部の放射脳が「東電が隠していた事故当時の東電と菅ちゃんの発言記録が流出」みたいなネタを提

記事を読む

no image

自由シリア軍がレバノンで虐殺開始

22日、自由シリア軍(FSA)がレバノンに侵攻し、レバノン政府軍に侵略戦争を仕掛けていたことが分

記事を読む

2012-11-28_122802

似非には書けない離島防衛

『WEDGE』の記事は秀逸なものが多い。 米国は中国と向き合う覚悟を 同盟国・日本の覚

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑