株価変動の大原則 - 萌えてる非国民♪ 株価変動の大原則 - 萌えてる非国民♪

株価変動の大原則

公開日: : 最終更新日:2013/03/06 エリオット波動(日経平均)

日経平均は10842円となって上昇している。

この後、どう対処すればよいのか。これは実に簡単である。
2010/04の高値を今の上昇で越えれば上昇波動であり、越えなければ下落波動の途中である。

株価というのは波動パターンの形成と、波動テストの繰り返しで動く。
故に、2010/04の高値を越えるかどうかのテストを今は行っているのだから、11200円程度までは日経平均は上昇することが分かっている。株価というのはテストの繰り返しなのだ。

だから、今は買いで、2010/04の高値で一度リリース。
20100/04の高値を越えたら買いで再IN。
越えないならショートである。

ただし、株価はテスト完了後に必ず反転する。
つまり、2010/04の高値を越えても一度下落する。

これが株価変動の大原則である。

では、株価はどの程度の上昇をするのだろうか。
これは角度を見るとわかる。

2008年の安値からの上昇で、まず安値同士をつなげたラインを引く。
次の上昇はその角度より高くなる。株価の上昇率とはそうやって決まる。

故に、上昇ラインを割り込むということはトレンドの反転をも意味する。

株価というのは、そういうくだらない理由で形成されている。


 

関連記事

no image

8/6後場中、日経平均13906.40(-158.42)円

ただいま、14時過ぎだ。なんか、引けはさらに安くなりそうだ。 今日は、左目でシリア情勢

記事を読む

2013-09-13_054439

9/13先夜見、13日の金曜日で仏滅

細かいことはどうでもいい。 日経平均は14150円くらいになるだろう。 13日の金曜

記事を読む

2013-06-20_202029

一応書いておきますけれども、金融危機でございますことよ

ただいま、6/20 20:11くらい。 本日の日経平均の記事(前場中・大引)で書いたよ

記事を読む

no image

現状で「大政翼賛会」を使うのは誤用

2008年に将来の日本に「大政翼賛会」的政党が出来ると予測した。最近、一部のブログで「大政翼賛会」が

記事を読む

2013-10-01_192722

【デフォルト!・相場】19:26のNHKでやっと米連邦政府機関の閉鎖が報じられた

19:26のNHKニュースでやっと「米連邦政府機関の閉鎖」がサラッと報じられた。(12:55

記事を読む

2013-10-01_181435

【デフォルト!・相場】10/1イブニング、18:13に日経平均先物で-160円の売り発生!!! その後も売られ続けている!!!

13000円台に突入か!? 18:13に日経平均先物イブニングで一瞬で-160円下落の

記事を読む

no image

7/6は終わりの始まり

7/6に日経平均は500円ほど下落し2万円ギリギリだ。 金曜日にチャートは終わりを示しており月

記事を読む

no image

オバマ・ショックで大暴落

2009年に米国の借金は1京円越えてると書いた。 オバマが再選したが、状況はその頃と何も変わっていな

記事を読む

2013-08-13_094812

8/13前場中、日経平均13774.01(+254.58)円 ~法人税の実効税率の引き下げは日本バブルシナリオを大幅に減退させる~

前場始まって30分程度経過している。 朝から8/13の日経平均は+200程度の上昇とな

記事を読む

2013-06-12_152408

6/12大引、日経平均13289.32円 参加者少ないどうでもいい相場 よくあることだ だが、そのあとは「よくないこと」が起こるものだ

6/12の日経平均は13000円ちょい上から始まる。 前場は下値切り上げのトライアングルを

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑