今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い - 萌えてる非国民♪ 今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い - 萌えてる非国民♪

今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い

本ブログでは2008年に「株価暴落後、国民は飢えと貧困に悩まされる。しかし、2013年以降に日本はバブルになるだろう。それは上げて落とすための策略で、2025年までに日中戦争が起きる。日本には大政翼賛会的な政党が現れ独裁者的な者が出てくるだろう。しかし、そいつは戦争犯罪で処刑となる。」と予測した。

当時は荒唐無稽だと思われたかもしれないが、2012年が終わる今となって、この予測はどうか?
きちんと、その後の世界はその通りに進んでいるのは明白だ。

大政翼賛会で本ブログを検索する。

今日の報道で、 小沢一郎が街頭演説で「大政翼賛会になる」と警告したらしい。

報道各社の情勢調査などで同党は劣勢で、「報道では自民党が勝利すると言われ、日本維新の会も民主党幹部も選挙後は自民党と連携すると言っている。こんな筋道の通らない話はない。このままだと戦前の大政翼賛会になってしまう」と批判。

小沢一郎氏「このままだと大政翼賛会に」 初の首都演説(スポニチ)

ここ一箇月ほど、「大政翼賛会になる」という主張がちらほらと見られるようになってきた。ただ、現状では「大同団結」という状態であり、言葉の誤用とも思える。

主義主張が似た者同士が寄り添う場合は「大同団結」だ。しかし、戦時内閣など緊急性の高い時に主義主張を越えて一致団結する場合がある。それが「大政翼賛会」だ。

本ブログで予測した「大政翼賛会」は、言葉通りの戦時内閣である。確かに、太陽と維新の合体でそんな雰囲気も見られるが、まだ「大政翼賛会」には貧弱だろう。

それはともかくとして、日本は分かりやすい戦争の道へと進んでいる。

今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い。

そうしなければ、自民になって戦争になる。

関連記事

2013-01-08_073916

アサド演説直後に国民大熱狂 シリア国民はアサドを支持する

6日、アサド大統領演説があったが、その直後にシリア国民によるアサド大統領支持デモンストレーションが大

記事を読む

no image

自由シリア軍の犠牲になる子供たち

自由シリア軍(FSA)に正義を語る資格なし。

記事を読む

no image

シリア政府軍とバアス党5000名の義勇兵

シリア政府軍にバアス党5000名の義勇兵が合流したと以前書いたが、それっぽい映像。

記事を読む

2012-11-23_132943

自由シリア軍は「ラス・アル=アイン市」攻略に失敗

ダマスカスでまたジャーナリストが殺害された。当然、犯行は自由シリア軍によるもので、暗殺されたのは

記事を読む

no image

シリア反政府勢力が政府軍におされ悲鳴を上げている

シリアのホムス(首都ダマスカスと北部アレッポの中間都市)は自由シリア軍(FSA)の攻撃にさらされ

記事を読む

2013-02-24_061104

ダラヤで虐殺された市民 #NATO の自由 #シリア 軍により制圧された町 #midjp

昨年、自由シリア軍が行ったダラヤの大虐殺。自由シリア軍を追い出してくれと叫ぶシリア国民。これ

記事を読む

no image

水道民営化は百害あって一利なし

4/19、麻生太郎はCSIS戦略国際問題研究所で日本の施策について言及したが、その中で「水道

記事を読む

2013-06-13_224147

We are all Bashar al-Asad.

アサド支持派国民の映像は多い。単に欧米日が報道しないだけだ。 そして、その映像に映し出

記事を読む

no image

なぜシリアは攻められるのか?

かなりわかりやすい。

記事を読む

2013-06-08_182743

政府軍が奪還したアル=クサイルに住民が2年ぶりに帰ってきた

政府軍が奪還したアル=クサイルに住民が2年ぶりに帰ってきた。 これまでテロリスト(自由

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑