今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い - 萌えてる非国民♪ 今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い - 萌えてる非国民♪

今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い

本ブログでは2008年に「株価暴落後、国民は飢えと貧困に悩まされる。しかし、2013年以降に日本はバブルになるだろう。それは上げて落とすための策略で、2025年までに日中戦争が起きる。日本には大政翼賛会的な政党が現れ独裁者的な者が出てくるだろう。しかし、そいつは戦争犯罪で処刑となる。」と予測した。

当時は荒唐無稽だと思われたかもしれないが、2012年が終わる今となって、この予測はどうか?
きちんと、その後の世界はその通りに進んでいるのは明白だ。

大政翼賛会で本ブログを検索する。

今日の報道で、 小沢一郎が街頭演説で「大政翼賛会になる」と警告したらしい。

報道各社の情勢調査などで同党は劣勢で、「報道では自民党が勝利すると言われ、日本維新の会も民主党幹部も選挙後は自民党と連携すると言っている。こんな筋道の通らない話はない。このままだと戦前の大政翼賛会になってしまう」と批判。

小沢一郎氏「このままだと大政翼賛会に」 初の首都演説(スポニチ)

ここ一箇月ほど、「大政翼賛会になる」という主張がちらほらと見られるようになってきた。ただ、現状では「大同団結」という状態であり、言葉の誤用とも思える。

主義主張が似た者同士が寄り添う場合は「大同団結」だ。しかし、戦時内閣など緊急性の高い時に主義主張を越えて一致団結する場合がある。それが「大政翼賛会」だ。

本ブログで予測した「大政翼賛会」は、言葉通りの戦時内閣である。確かに、太陽と維新の合体でそんな雰囲気も見られるが、まだ「大政翼賛会」には貧弱だろう。

それはともかくとして、日本は分かりやすい戦争の道へと進んでいる。

今度の選挙、「未来」で統一したほうが良い。

そうしなければ、自民になって戦争になる。

関連記事

2013-04-24_183136

北朝鮮が韓国との国境に対戦車バリケードを建設

北朝鮮が韓国と国境を接する領内に敷石や丸太、そしてセメントを使った対戦車バリケードを建設中だ

記事を読む

2013-09-14_114019

シリア情勢2013年9月13日チエリ-・メッサン ~ アメリカの体面を崩さずに紛争から撤退させる良い機会、サヨナラ自由シリア軍 ~

以下、要約。 翻訳者有志に感謝。なお、最後に本ブログ見解を書いた。「自由シリア軍 vs ヌスラ戦線そ

記事を読む

no image

金融危機は9月以降

http://mahoroba23.seesaa.net/article/283102317.ht

記事を読む

no image

アラブ革命 使えないアラブの春

中東専門家、東京財団の佐々木良昭が良い記事を書いている。 NO・2485『忘れ去られたイラクの

記事を読む

no image

Re:週明けくらいまでの予測

記事を読む

2013-02-03_041409

アレッポの川で行われた大虐殺は自由シリア軍の仕業

先日投稿したアレッポでの80名にのぼる虐殺死体は頭を撃ち抜かれる処刑スタイルであると書いた。

記事を読む

no image

シリア反体制派はアサド支持者を殺すしか能がない

AFPの記事でこういうのがあった。これは日本のメディアでも報じられている。 これも昨年の記事だ

記事を読む

no image

自由シリア軍の犠牲になる子供たち

自由シリア軍(FSA)に正義を語る資格なし。

記事を読む

2013-09-06_020739

シリア反体制派が政府軍兵士を現地処刑 → 日本でも大きく報道され、吐く人続出

「シリア反体制派が政府軍兵士を現地処刑 → シリア空爆あやしくなる」からのつづき。

記事を読む

no image

戦争を許容することの愚かさ

日本民族の民族性と戦争の関連性について、昔からよく言われる間違いがある。 日本人は日ごろ真面目

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑