9/11大引、日経平均14425.07(+1.71)円 14:30過ぎから急落 現物逃げ増加 雰囲気重視のオリンピックに経済効果はどこまで期待できるのか疑問 - 萌えてる非国民♪ 9/11大引、日経平均14425.07(+1.71)円 14:30過ぎから急落 現物逃げ増加 雰囲気重視のオリンピックに経済効果はどこまで期待できるのか疑問 - 萌えてる非国民♪

9/11大引、日経平均14425.07(+1.71)円 14:30過ぎから急落 現物逃げ増加 雰囲気重視のオリンピックに経済効果はどこまで期待できるのか疑問

公開日: : 最終更新日:2013/09/26 エリオット波動(日経平均), 経済

2013-09-11_160843

昨日も書いたように、14500円以上は「アベノミクス・ゾーン」である。これより上は現状では狙えない。

後場中を書いた時点では14500円ちと割れくらいだったが、直後から下落して結局+1.71円の14425.07円で引けとなった。

原因は現物の売りとのことで、先物で釣り上げて売り逃げし出している外資勢という構図にも思える。

そもそも、後場中で書いたように、上げの理由が不正確すぎて話にならない。

オリンピックだって、フクシマ問題がとんでもない話がどんどん出てきている(本ブログでは書いてないが、他記事に驚愕の事実が多くでている)。

このままではオリンピックだって本当に招致できるのかすらアヤシイ。

本ブログは別にオリンピック招致には反対していない。ただ、雰囲気づくりのためだけに赤字垂れ流しのオリンピックをやることはどうなのかと思う。さらにいえば、金持ってる東京でしか開催できないのでは、いつまでたっても東京一極体制だ。

オリンピックの前に山積みになっている問題は多々ありすぎる状況で、オリンピックとはこれいかに?

これが本ブログの考えである。

関連記事

no image

日銀が金融緩和の補完措置を導入

12月18日の日経平均は13時に600円ほど動く値動きの荒い展開となっている。 だがしかしこれ

記事を読む

no image

世界の流れは「国際社会のシリア侵略は悪だ」という流れに傾いた

6/25、田中宇(たなかさかい)がシリアに関係するレポートを公開した。 悲劇から喜劇への米国の

記事を読む

no image

インテルが北朝鮮で商標登録か?

米国企業は米国政府の特別許可書がない限り、北朝鮮の製品およびサービスを輸入する事は禁止されている。

記事を読む

no image

クーポン

いま、時代は「クーポン」http://mahoroba23.seesaa.net/article/

記事を読む

2013-06-20_124758

証券マスコミの為替の記事で使う表現には非常に悪質な意図が隠されている

証券マスコミの記事というのは論理的一貫性がまったくない。 特に酷いのはドル円の記事だ。 例え

記事を読む

no image

【外交ヨミ】「大政翼賛会的政党」をつくる人物

これまで、「2025年に日中戦争(または米中戦争)が起きる」と世の中の不安を煽ってきた(ちょ)。

記事を読む

2013-02-01_140919

日経経済について予測まとめ

「2012/12/20 予測・主張まとめ」とその後に書いた経済関係についてまとめる。

記事を読む

2012-12-17_121655

日本の政治は後退している

 似非右翼の選挙回想が笑える 自民党支持の似非右翼連中は「マスゴミの攻撃に耐え自民党が

記事を読む

2013-10-01_192722

【デフォルト!・相場】19:26のNHKでやっと米連邦政府機関の閉鎖が報じられた

19:26のNHKニュースでやっと「米連邦政府機関の閉鎖」がサラッと報じられた。(12:55

記事を読む

no image

最悪の売国奴

日経平均がまだ2万に近かった頃、金融屋はまだまだこれから株は上がると大騒ぎしていた。だが、「売國女又

記事を読む

no image
トランプ優勢なら株価上げだが2016/11/9に日経平均は1000円近い下落

2016/11/9に日経平均は1000円近い下落をしている

no image
週明けになんかあるかもしれんなぁ

なにか不測の事態が週明けにあるんだろうねぇ。 チャートに出てるか

no image
トルコのクーデターはエルドアンの自作自薦

日本ではトルコでクーデターがあったと騒いでいるがばからしい話である。

no image
調整波だから上がりもしないし下がりもしないよ

EU離脱危機だかなんだか言われているが 根本的にはただの円高要因

no image
日経平均15000円割れ 英国EU離脱

2月12日に「日経平均の次の次の下落はもっと大きい」と書いた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑